yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

韓国へ.16

次の日は、嵐山の映画村へ

 

 

日本の時代劇と韓国の時代劇は全然違う

 

抜刀術は一緒だけどね

 

 

ミンは凄く興味深くいろんなところを見ている

 

『せっかくだから、何かの役をやろう』とミンが誘ってくる

 

『僕が選ぶよ』とニコニコできっかの服を選び出した

 

韓国語でいろいろ呟きながら衣装を選ぶ

 

真剣すぎて見ていて面白くなるきっか

 

やっと選び

お姫様みたいな服を持ってくる

イメージは、あんみつ姫な感じに仕上げてもらう

 

『どお??』とカーテンの中を覗くミン

 

ミンの方を振り向き

『これ似合うかなぁ?』と袖を広げて聞くきっか

 

 

 

ミンが自分で分かってて選んだ服だけど

 


可愛すぎて言葉を失う

 


口を開けて唖然としているミンを見て

『えっ?!やっぱり変かなぁ?』と心配になるきっか

 

 

『いや、似合いすぎて、、、かわいい』とテンションが上がるミン

 

『なら、よかった』とホッとして笑いながら応える

 

その笑っている姿を見てもっとヤられてしまうミン

 

『ミンも着替えようよ』と服を引っ張るきっか

 

『はいはい。わかったよ。そんなに急がなくても』と微笑むミン

 


今度は、きっかが服を選ぶ

 

持ってきた服を何も言わず着せられるミン

 

『できた〜。』と目をキラキラさせているきっか

 

まさしくそれは、自分がやったことのある殿様

 

『きっか〜、これはちょっと』と変な顔をするミン

 

『ミン。お願い!!』と目を瞑り手を合わせる

 

そして、

『一回だけでいいの。これで一緒に歩きたい。』と目をうるうるさせながらお願するきっか

 

『はぁ〜。わかったよ、、、。ホントにその役大好きなんだね』と一言

 

 

『うん。かっこいいもん。あのセリフも言って今日だけ』とニッコリ笑う

 

『仕方ない。今日は、特別だよ、、、』とニコッと笑うミン

 

準備ができたので映画村を歩く2人

 

いろんなところを歩いているとドラマ撮影をする企画がたまたまやっていた

 

参加するつもりはまったくなかったのだけど、

 

スタッフさんに捕まりぜひ参加してくださいと頼まれ、断れきれずなぜかやる事に、、、

 

 

『やめよう、目立ちすぎるよ』と止めるきっか

 

 


でも、

 

『せっかく来たんだから、だいじょうぶだって』と張り切るミン

 

 

そこへまた、

シン達がやってきた、、、

 

 

ミンを見て

『もしかして、これやるの?』と聞くシン

 

『楽しそうだから動画撮ってよ』と楽しみながら言うミン

 

『はいはい』と呆れながらいつも見たく支度するシン

 

きっかが『大丈夫なの?』とシンに心配しながら聞く

 

『一応オフの時は、何をやっても大丈夫だから』と笑いながら言うシン

 

『私も参加して大丈夫?』と聞くきっか

 

『大丈夫だよ。きっかちゃん女優さんに見えるから』と微笑んで応えるシン

 

 

その言葉を聞いて不思議になるきっか

 

『さぁ、頑張ってね。後でインスタに載せるかもしれないから』とニコニコで応えるシン

 

『わかった。がんばる!!』と撮影に挑むきっか

 

 

撮影が始まる

 

 

 

撮影の内容は2人で街を歩いているときに

 

輩に襲われてみんなを倒すって話

 

単純な話

 

ミンはかなり張り切っている

 

 

 

なぜなら

きっかにかっこいいところを見せたいから

 

 

準備が整い

 

いざ、撮影へ向かう

 

 

ミンは、スタッフと打ち合わせをした通り難なくこなしていく

 

きっかも様になっている

 

撮影が終わり

 

見直すと短編ドラマが完成

できがよくてミンもきっかも大喜び

 

 

喜んでいると

 

なぜか、1人のスタッフがきっかに刀を渡す

 

お姫様が悪役を退治するってのも面白いと思うよともう一つ撮影しようと勧めてくるスタッフ

 

それを聞いて

面白そうだからときっかも便乗する事に

 

ミンの殺陣を真似するきっか

 

見ていただけなのに完璧にマスターしていて

身のこなしが凄い

 

 

きっかのそんな姿を見て周りのみんながびっくりする

 

ミンも驚きを隠せない

 

その中

きっかがかすみを手招きして呼ぶ

 

かすみが『もしかして私もやるの?、、、仕方ないなぁ』と2人で今度は撮影することに

 

スタッフにかすみが『刀もらってもいいですか?』と満更でもなさそう

 

小声で『ミンくん見てるけど、やるからにはちゃんとやってよね。きっか』

 

『わかってるよ。』と自信満々なきっか

 

ミンは今度は見る方に

 

さっきと撮影内容は一緒

 

ミンはシンに動画撮影をするよう頼む

 

すごく興味を持ちじっと撮影現場を見ている、、、

 

着物を着ていたきっかだけど、そんなの関係なく

ぜんぶ上手にこなしていく

 

殺陣も様になっている

 

最後に2人でポーズを決めて終了、、、

 

撮影体験が終わり楽しそうにハイタッチをするかすみときっか

 

 

『殺陣やったことあるの?』とミンが近寄ってきて聞く

 

『少しだけね』とニコッと笑うきっか

 

彼女の姿を見て本当にすごいと絶賛する

 

ミンが『他にできることはある?』ときっかに聞く

 

『後は、トランペットが吹けるよ』と笑って応えると

 

ミンはシンのところにいき

 

いろいろな話をしだす


話が盛り上がる2人

 

きっかの方を見て『本当、楽しみだね』と韓国語で笑って応える、、、

 

 

きっかは不思議になりながらさっき撮って貰った画像を見てる

 

ミンに『見て。私凄いでしょ。楽しかったね。』とはしゃぐきっか

 

ミンは『ほんと、なんでもできるから毎回びっくりするよ』と微笑みながら言う

 

 

 

 

この時、いろんな計画が進んでいるとはきっかは知らない、、、

 

 

何時間も遊んで気づいたら帰る時間に

あっという間だった、、、

 

この後の予定をまったく決めてなかったきっか

 

 

ミンに『この後どうするの?』と聞く

 

 

すると

 

きっかにお願いするミン

 

『ちょっとついて来てもらいたいところがあるんだ。これつけて』とアイマスクを渡すミン

 

 

『えっ??アイマスク?、、、わかった』と不思議に思いながらアイマスクをつける

 

ミンに手を引っ張られ目的地へ向かう

 

車に乗せられあるところへ、、、

 

 

ある程度時間が経ったので

ミンに『どこいくの?』と不安になり聞いてみる

 

 

けど、


『後少しで着くよ』と優しい声でいうミン

 

 

 

そして、目的地へ

 

きっかは耳を澄まして周りの音を聞くが

 

周りはガヤガヤしているだけで場所はわからない、、、

 


すると
『もうアイマスク外してもいいよ』と優しいミンの声

 

はめていたアイマスクを外し周りを見渡すきっか

 

 

 

そこは、空港、、、

 

 

 

きっかがミンの顔を見て

『ここって?』とびっくりして言う

 

 

ミンは『韓国に来て欲しいんだ』と真剣な表情

 

 

戸惑うきっか

 

びっくりしている間に手を引っ張られ搭乗口へ

 

いきなりでよくわからないきっか

『ミンちょっと待って』とパニックになり手を払う

 

『やっぱり嫌、、だよね?』と聞き返すミン

 

首を横に振り『うんうんそうじゃないけど』と笑顔で応えるきっか

 

『私は、ミンについて行きたいよ』とにっこり微笑み
『いきなりだったからびっくりして』と言いにくそうに言うきっか

 


そんなきっかをじっと見つめ話を真剣に聞いているミン

 

 


『本当に私も着いてっていいの?』と聞き返す

 

 

すると

 


話を真剣に聞いていたミンが、、、

 

 

 

『うん。一緒にいこう、、、』と微笑み優しく抱き締める

 

 

そして、韓国へ向かう事に、、、