yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

知ることに.25


きっかのその問い掛けに

 

歌手が『きっかが韓国にいるほうがおかしいでしょ?』と笑って応える

 

『そうだね』と笑い合うきっかと歌手

 

歌手がそういえばと思い出す

(前ミン兄の携帯をたまたま見たときの事、、

 

着物を着ていた女の人と一緒に映ってた写真があったなぁ

誰って聞いたら確か大事な人って言ってたけど、 そういえばきっかに似てる、、、)ときっかの顔をじっと見ている

 

『ミン兄と知り合いだったの?』ときっかに聞く歌手

(ちなみにこの歌手は、CEと言うアイドルグループの歌手。名前はジョンという。ミンは番組で一緒に共演していて仲がいい。)

 

ミンが『2人はどう言う関係??』ときっかに聞く

 

『えっと、、、ジョンとは音楽仲間だよ』と言いにくそうに言うきっか

 

『コンサートや最近出したCDで一緒に組んでるんです』と笑って応えるジョン

 

自分のCDをミンに渡すジョン

 

『中を見てください』とニコニコ笑顔で応えるジョン


きっかがそれを止めようとするが、、、

 

CDジャケットの中の写真を見るミン

 

『えっ?!これって』ときっかを見る

 

髪は、アッシュのショートヘア

服は背中のぱっくりあいたドレスを着てる写真

 

 

ジョンが『きっかですよ。ちなみに彼女は凄いミュージシャンなんですよ。』と笑って伝える

 

きっかがしまったという顔をして手で顔を隠し

 

手の間から恐る恐るミンの様子を見る

 

 

 

けど、、

 

 

ミンは『きっかってすごいなぁ〜。かっこいい』と微笑みながらジャケットを見ている

 

えっ?と不思議に思うきっか

(怒ってないの?)

 

『すごいでしょ。彼女かっこいいんですよ。』と笑って応えるジョン

 

ミンがきっかを見て『きっか他に雑誌とかにでたりしてないの?』とニコニコで聞く

 

『ごめんなさい。私あんまりそういうの知らないの。』と応えるきっか

 

『本当謎だらけで凄いよ』と感心するミン

 

『マネージャーはついてないんだよね?』

 

『うん。ただ楽器吹くのが好きなだけでやってるだけだから、頼まれたらやるみたいな感じかなぁ?』とさらっと言うきっか

 

 

 

ミンが良いことを思いつく

 

『それなら僕のコンサートもでれるよね??』ときっかに聞くミン

 

『えっ?まぁ、でれるけど、、、』と戸惑う

 

そして、ミンを見て

『でも、今は、絶対ダメだよ。ジョンのコンサートに参戦しないといけないから』ときっぱり断るきっか

 

そのやり取りを見て

ジョンが
『ミン兄が言ってたのってきっかのことだったんですね』と笑いながら言う

 

きっかが余計に不思議になる

 

『あっ、そういえば兄さんの携帯の壁紙見たことある?』と急にきっかに聞くジョン

 

『見たことないよ。』と首を振るきっか

 

『そんなことどうでもいいだろう』と焦りごまかすミン

 

『壁紙に何かあるの?』と不思議になりミンの服を引っ張るきっか

 

『いやなにもないよ。』と冷静を装いニコッと笑うミン

 

『ジョン!!』と今度はジョンに聞こうとするきっか

 

それを見て

ミンがジョンを引っ張り『今日は、あっ、、ジョンと一緒にご飯を食べる約束をしてたんだった忘れてた行こう』と肩を組み笑って2人でさっと行ってしまう、、、

 

なんだったの?と不思議に思うきっか

 

ジョンに話したいことも沢山あったのに、、、

 

仕方ないので、かすみとシンときっか3人でご飯を食べに行くことに

 

 

 

その頃、ミンとジョンは

 

『ミン兄、どうしたの?きっかにバレてはダメなの?』と不思議そうに聞く

 

『いやいいんだけど、恥ずかしくてね』と恥ずかしがりながら笑うミン

 

『きっかのファンになりましたか?』と笑って言うジョン

 

『ほんと不思議な子だよ。やっぱり手放せないなぁ〜』と微笑みながら呟くミン

 

ミンはジョンの顔を見て
『ジョン今日忙しいか?』と聞く

 

『大丈夫ですよ。』と笑うジョン

 

 

2人はご飯を食べる事に、、、

 

ご飯を食べながら

『聞きたいのってきっかのことですか?』と微笑むジョン

 

『彼女のことを知らなすぎて恥ずかしいよ』と照れながら言うミン

 

『兄さんきっかなら大丈夫ですよ。兄さんの話たくさんしてましたよ。』とニコッと笑う

 

『僕の??』

 

『名前は言ってなかったけど、僕が歌ってる曲のドラマに兄さんがでてるじゃないですか、そのせいかなぁ?いつもは誘ってもライブツアーに参戦してくれないのに、今回はいいよって言ってくれたんですよ。』と微笑むジョン

 

『そうなんだ。』と嬉しそうに笑うミン

 

『兄さん本当に凄い好きなんですね。』と自分のことのように嬉しいジョン

 

『そんなことないよ』と照れながら言うミン

 

『きっかの楽器吹いてるのを見たことがありますか?』とジョンが聞く

 

『いや。実はないんだよね。見る機会もないし』と残念そうに言うミン

 

『なら、今度のライブツアー見に来ませんか?チケットならあげますよ』と微笑むジョン

 

『本当かぁ!!見に行きたいからお願いできる?』と嬉しそうに応えるミン

 

『大丈夫ですよ。いつにしますか?後、日本公演なんですがいいですか??』

 

『大丈夫だよ?日にちはジョンのいい日で合わせるよ。頼む』と嬉しそうなミン

 

『まさか今日ミン兄とご飯食べることになるとは思いませんでしたよ』とニコッと笑う

 

『ごめん。僕もこんなことになるとは』と申し訳なさそうに言う

 

『そういえば、、、きっか達はよかったんですか?』と急に真面目な顔で聞くジョン

 

『後で会えるから大丈夫だよ』と笑って応えるミン

 

2人でご飯を食べ終わって歩いているとファン達がミンとジョンを見つけて囲んでいる

 

 

きっか達もご飯を食べ終わり歩いている

ただ、きっかとかすみはお酒を飲んで酔っ払っている

 

ミン達を見つけてフラフラ寄って行くきっか

 

シンが『だめだよ』と慌てて手を引っ張るが

 

酔っ払ってるので意味がわかってないきっか

 

フラフラと近寄りジョンにぶつかりきっかが倒れそうになってジョンが抱き抱える

 

『あっ〜ジョンだ〜』とヘラヘラしながら抱きつくきっか

 

ファンの子達が『えっ?』となって

周りがシーンとなる。けど、酔っ払ってるのでよくわかってないきっか、、、

 

まずいと思ったかすみとシンがジョンから引き離し『すみませんでした〜。間違えました。』と謝り急いでその場を離れる

 

ミンもそれを見ていた、、、

 

平然としてたけど、ヤバイなぁ〜っと思っているミン

 

ファンに挨拶をして、ジョンとミンがその場から離れる

 

『ヤバイなぁ〜』と2人して顔を合わせて話す

 

『すみません。ミン兄』と謝るジョン

 

ミンがいきなり爆笑しだす

 

『兄さんどうしたんですか?』と驚くジョン

 

『いや。さすがだよね。きっかって。あぁいうとこが好きなんだよ。』とまだ爆笑している

 

それを見てホッとするジョン

 

『兄さんとならきっかはほんと幸せですね』と笑い合う

 

 

そして、きっか達と合流する、、、