yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

ラブラブ.38

『じゃあ、後でね』と意地悪なミン

 

『書かないつもりでしょ?』ときっかが怒る

 

『そんなこと言ってないよ。ラブラブしてからね』とニコニコで言うミン

 

『先に書いてよ』と必死に頼むきっか

 

『だめ。今日はずっとラブラブするんだから』とニコニコしながらふざけて言うミン

 

『僕のサインが欲しかったら言うこと聞いてよ』とニコニコ笑顔

 

『わかったよ。』とモヤモヤしながら拗ねるきっか

 

『怒ってもだめだよ。いつも本当は嬉しいくせに』とからかってくるミン

 

『そうだけど、今日のミン意地悪だよ。』とムッとしているきっか

 

きっかの怒ってる顔を見てニコッと微笑み

 

そのままミンにベッドに押し倒される

 

そして結局いつもみたいに言いくるめられそのまま時が流れていく、、、

 

『ミン、私が断れないの知ってるのに意地悪!!』と怒って言うきっか

 

『本当に優しいよね。』ときっかの顔を見つめるミン

 

見つめながら

(他の男がほっとかないのはそのせいだな。と思う)

 

『きっか約束して僕以外の人に優しくするのはほどほどにしてね』と忠告するミン

 

『うん。、、、わかったよ。』とミンを見つめ頷くきっか

 

きっかの全部が好きなミン

 

ずっ〜と見つめている

 

それを見て

にっこり笑い。ミンの頬に手を当てるきっか

 

頬に当てられた手をミンが握り

 

優しく抱きしめる

 

『ありがとう。私を好きになってくれて』と耳元で言うきっか

 

もう一度顔を見合わせ

 

キスをする

 

時間が凄く立ち

 

気づいたら

 

もう明け方の5時半...

 

 

『きっか。日の出でも見る??』と優しく声を掛けるミン


ミンを見つめ満面な笑みで頷くきっか


ベッドから立ち上がり2人で手を繋ぎベランダへ

 

『寒いね。韓国って』ときっかが腕をさすりながら言う

 

ちょうど日の出が少し見え始める


それと同時に

ミンが背後から抱きしめる

 

きっかの顔を覗き見て

 

『こうすれば暖かいでしょ??』と微笑むミン

 

『うん』と少し照れるきっか

 

『今年も一緒にいようね』とキスをする

 

結構時間が経ったせいか

 

きっかが急に眠たくなる

 

その顔を見て『眠たいの?』と微笑んで聞くミン

 

『少し』と目をこすりあくびをするきっか

 

『じゃあ寝よっか』と笑って応え

 

部屋に入り

 

抱きしめられそのままベッドで寝ることに

 

ミンは、眠ったきっかの顔をずっと眺めている

 

(やっぱり可愛い。好きになってよかった。と思い。ふと笑う)

 

おでこにキスをする

 

きっかが眠りながらミンに引っ付く

 

ミンもそのまま寝る

 

………

 

9時ごろになり電話が鳴る

 

ミンがその呼び出し音で目が覚め電話を取る

『もしもし』と寝ぼけているミン

 

電話から
『ミン悪いんだけど、お昼からちょっと頼まれて欲しい仕事があるんだ』と頼むシン

 

『わかったよ。』と寝ぼけながらぼ〜っと話をするミン


電話を切り

そのまま眠ってしまう、、、

 

少し時間が経ち

きっかがメールの音で眼を覚ます

 

寝ぼけながら携帯を見るきっか

 

シンからメールがきていた

『今日、11時からアシスタントの仕事があるのでミンと一緒に仕事場に来てください』と言う内容だった


時計を見るともう10時、、、


『ミン、起きてよ。そろそろ支度しないと仕事がいけれないよ。』と焦る

 

『わかったよ。』と眠たそうに起きるミン

 

『今日は一緒に仕事ができるみたい。』と嬉しそうに話すきっか

 

『そうなんだね。』と笑って応えるミン

 

『じゃあ、急がないと』

 

 

と2人で急いで出掛ける準備をする

 

支度が終わり

 

いざスタジオへ

 

スタジオへ着くと

かすみとシンが待っていた

 

『きっかはこっち手伝って』と2人は別々に離される

 

そして、メイク室に入るきっか

 

『今日、お客さんを相手するから綺麗にメイクして』ときっかを席に座らせる

 

髪をアップにして

 

メイクも綺麗にして完成

 

ミンも準備ができたみたい

 

そして、2人とも違う場所に連れて行かれる

 

『何の撮影?』とミンが不思議そうにシンに聞く

 

『CMだよ。昨日急に決まったんだけど、伝えるの忘れてた。ごめん』と手を合わせて謝るシン

 

『珍しいな。忘れるなんて。』と笑うミン


その後
ホテルみたいな部屋に連れて行かれるミン

 

『ミンこれに着替えて』とタキシードを渡される

 

『これって、、、』と服を見つめる

 

『早く急いで』と急かすシン

 

『わかったわかった』と急いで着替えるミン

 

その頃きっかも

 

同じホテルでドレスを着せられる

 

『かすみ、これってもしかしてウエディングドレスだよね?』と不思議に聞くきっか

 

『そうだよ。ほらっ来たよ。』とニコッと笑うかすみ

 

きっかがはてなになる

 

何もわからず男の人が部屋に入ってくる


それもカメラマンをつけて

 


男の人を見てびっくりするきっか

(いつも一緒にいるミンだけど、髪もきちっとセットされててわからなかったのだ)

 

ミンもびっくりしている


(きっかが綺麗すぎて言葉が出ない)

 

『どうしたの?』とニコッと笑うきっか


『あぁ、、』と驚いているミン


あまりにも驚いていたので


『このドレス変かなぁ?』と聞き返すきっか

 

カメラはそのまま回っている

 

やっと冷静になり

『凄い綺麗だよ』と微笑んで声を掛けるミン

 

『ミンもかっこいい』と微笑むきっか

 

2人の様子を見に撮影監督がやってくる

結婚式のCMを撮影するとこの時説明を受ける

(説明中はビデオ中断で終わり次第撮影する。自然な形でCMを撮るため)

 

ミンがきっかに近づき

いつもみたいにキザにポーズを決める

 

スタイリストさんに口紅塗ってあげてくださいと言われミンが塗ることに

 

緊張しているミン

 

その姿を見て『ミン』と優しく声を掛けるきっか

 

幸せな光景が自然と撮れていく

 

そのまま撮影もどんどん進んでいく、、、