yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

七夕のお話(前編)

yumemonogatariの話とは関係ないです( ^ω^ )

 

短編のお話です(*^_^*)

 

では、どうぞ〜( ̄▽ ̄)

 

 

 

七夕、、、

 

それは、年に一度

 

離れた恋人と会える日、、、

 

 

この時は、まさか自分も七夕物語のようになると思っていなかった、、、

 

 

『あんり、、ごめん実は、、明日から、、、アメリカに行くことになったんだ、、』とサトシ

 

そこから遠距離恋愛が始まった、、、

 

遠距離恋愛になってからもう5年が経つ

 

はじめのほうは

どうにか日にちを合わせて会いに行っていたけど、、、

 

 

仕事の関係でその時間もなかなか取れなくなった2人

 

 

次第にはだんだん距離ができてきた、、、

 

 

『は〜。サトシに今年は会えないのかなぁ、、』と寂しそうに呟くあんり

 

『あんり??、、いつもはそんなこと言わないのにどうしたの??』と親友のかりんが応える

 

 

『あっ、、ごめん。独り言、、、』と微笑んでかりんに話すあんり

 

『そうだ!仕事終わったら買い物に行こう』と元気付けようとするかりん

 

『そうだね。あと1時間で上がれるし。頑張るぞ〜』と気合いを入れる

 

 

仕事が終わり

 

 

ショッピングモールへ行く2人

 

 

今日は七夕ということもあり

ショッピングモールは七夕飾りでたくさん装飾してある

 

 

『凄く綺麗、、、今年も七夕の日がやってきたね』と飾りを見て微笑むあんり

 

あんりの寂しそうな姿に

『あんり、、、』と心配するかりん

 

『いや、、、何にもだよ』とニコニコ笑顔で微笑むあんり

 

 

その時

 

お店の人に声を掛けられる2人

 

 

『あの〜。今七夕のイベントで短冊をみんなに書いてもらってるんです。よかったら。どうぞ』と店員さんに短冊を渡される2人

 

 

2人で顔を見合わせ頷き

 

短冊を書くことに、、、

 

 

願い事を書き

 

笹に短冊を飾りに行くあんり

 

 

少し寂しげに

笹を見つめながら

 

そっと短冊をつける

 

そして、手を合わせてお願いをする、、、

 

 

かりんはあんりとは違い楽しそうに

 

願い事を飾っている

 

 

『あんり、、、。あんなに必死になって、何をお願い事したの??』とかりん

 

『な、い、しょ』と口に指を立てて笑って応えるあんり

 

 

『いいじゃん、、教えてくれても。』とふてくされるかりん

 

 

『よしっ。今日はボーナスも入ったし。いっぱいお金使うぞ〜。』と張り切りながら応えるあんり

 

『私もたくさん買うぞ〜』と気合いを入れるかりん

 

2人で買い物を楽しむ

 

時間はあっという間に過ぎて行く、、、

 

時計を見て

『やだ、もうこんな時間!!早く帰らないと大河に怒られる』と慌てるかりん

 

『あっ、ごめんね。私が付き合わせたからだよね。私はまだ、、買いたいものがあるから、急いで帰っていいよ。』と謝るあんり

 

『いいの。いいの。私が誘ったんだから。ごめんね。また、明日ね〜』と急いで帰るかりん

 

あんりはずっとかりんが見えなくなるまで手を振っている

 

 

かりんの姿が見えなくなり

ふ〜とため息をつくあんり

 

そして、

笹飾りをまた眺める

 

 

『今日はとっても大事な日だったのに、、、』と泣きそうになるあんり

 

その時、、

『あんり、、、。』とどっかから男の人の声が聞こえてくる

 

 

『えっ?!』と急いで振り返るが誰もいない、、、

 

 

『そうだよね〜。約束だって去年したことだから』とため息をつく

 

 

すると

 

店員さんが近づいてきて

 

『あの、、あんりさん?』と話す

 

 

『はい?私が、、あんりですけど、、、』と泣きそうになりながら話をする

 

すると

『よかった、、さっきも声を掛けたんだけど、、反応がなかったから、てっきり違う人かと思いました』と笑って話す店員さん

 

さっき名前を呼んでくれたのは店員さんだと

この時知る

 

それを聞き肩から力が抜けるあんり、、、

 

『ごめんなさい。私がぼ〜っとしてたから』と微笑むあんり

 

『これを頼まれて』とニコッと笑い手紙を渡す店員さん

 

 

『あのこれって??』と聞こうとした時にはもう店員さんはいなかった

 

 

『あれ??さっきまでそこにいたのに、、、』と手紙を見つめ

 

手紙の中を確認する

 

 

すると

 

 

頭の中に何かの記憶が入ってくる、、、

 

 

えっ、、

 

 

何今の、、、

 

 

不思議な感覚に陥るあんり

 

 

そして、急に頭が痛くなる、、、

 

 

そのままあんりは倒れてしまう

 

『あんり、、あんり、、、、』とかすかに聞こえてくる声

 

 

その声は聞きなれた声

 

癒されて

 

自然とホッとするあんり

 

 

気付いた時には自分のベッドで寝ていた、、、

 

 

『あれっ??私、、、』と不思議になる

 

『夢?だったのかなぁ??よっぽど私疲れてたんだね。、、あっ、いけないお風呂はいらなきゃ』とベッドから起き上がる

 

 

すると、

 

どこからか手紙が落ちる

 

『あっ、、これ、、、』と手紙を拾い上げ見つめる

 

 

すると涙がとまらなくなっていた、、、

 

手紙をもって下を向いて泣いていると

 

 

後ろからそっと抱きしめられる、、、

 

 

びっくりするあんり

 

 

『ごめん。遅くなっちゃって、、、』と耳元で囁く声、、、

 

あんりが1番聞きたかった声が聞こえてくる

 

 

余計に涙がとまらなくなるあんり

 

 

『そんなに泣かないでよ、、、せっかく驚かそうと思ってたのに、、いきなり僕の前で倒れるんだから、、、』と心配するサトシ

 

 

『えっ?!私、、倒れたの??』とびっくりしてサトシに聞き返す

 

『うん。いきなりだよ』と顔を見つめるサトシ

 

『私手紙を読んだの、、そしたら、サトシとの楽しい思い出がたくさん頭に入ってきて、、、気付いたらここにいたの』とまだびっくりしているあんり

 

『去年約束したこと覚えてる??』と聞くサトシ

 

『う、、、ん。』と頷くあんり

 

 

『あんり場所間違えたでしょ?僕ずっと待ってたんだよ』と応える

 

 

『えっ?!』

 

『去年の約束、、本当に覚えてないの??』と聞くサトシ

 

すると手に持った手紙が光

 

サトシとあんりをそのまま包み込む、、、

 

『あっ、、、』と2人揃って何かに吸い込まれる感覚に陥る

 

 

http://novel.blogmura.com/