yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

七夕のお話(後編)

2人は離れないようにギュッと手を繋ぐ、、、

 

訪れた場所は去年の七夕

 

 

嬉しそうにご飯を食べて話をしている

 

あんりとサトシが見える

 

 

『これって1年前の、、、』とあんりがサトシを見つめる

 

『本当だ、、、』とサトシ

 

 

『ねぇ〜。サトシ来年も七夕は会えるよね??』と嬉しそうに話をするあんり

 

 

『来年か〜。そうだね。来年は絶対七夕に会おうね』と微笑むサトシ

 

『よしっ、じゃあ、来年の七夕は、、

いつもの待ち合わせ場所に18時に集合ね』と微笑んで応えるサトシ

 

するとまた空間が歪み

 

自分たちの世界に戻ってくる

 

あんりはサトシを見つめ

『あっ、、、本当だ。私、、、約束忘れてたんだね』とテヘッと笑うあんり

 

『本当だよ。大事な話をするつもりだったから、、、ずっと待ってたのに』と拗ねるサトシ

 

『あっ、、、ごめん。私はてっきりサトシが忘れてたのかと思って、、、』と笑う

 

『僕は、てっきり、、もう振られたかと思ったよ。でも、、、』と不思議な顔をするサトシ

 

『女の子からこれをもらったんだ、、、』と持っていたものを見せる

 

それを見て

 

 

凄くびっくりするあんり

 

 

それは

 

 

 

 

なんと

 

自分がさっき書いた短冊、、、

 

 

『えっ?!これ、、、さっき私がショッピングモールで書いた短冊だよ』と目を丸くするあんり

 

『5年も待たせて、、、最近連絡もあんまりとってなかったから、、フラれたかと思ってたけど、、、この短冊を見て』とあんりを見つめる

 

 

そして、あんりの手を握り

『ごめん。、、、待たせて。

あんり結婚しよう、、、』と真剣に話すサトシ

 

 

その言葉を聞いて

驚き涙がとまらなくなるあんり

 

 

『あんり、、??こんなに待たせたから、、やっぱりダメかなぁ??』と真剣に聞くサトシ

 

 

『ダメなわけないよ。ずっと、、、不安だったんだから、、気持ちが離れていった気がして、、、会いたくても会えないし、、、』と泣きじゃくるあんり

 

『ごめん、、、、僕はあんりの事しか今も昔も見えていないよ、、、だから、僕と一緒になってください』と微笑み頼むサトシ

 

 

サトシに手を伸ばし抱きつくあんり

 

『あんり?』とびっくりするサトシ

 

 

『うん。お願いします。一緒にいさせてください。』と泣きながら頷き応える

 

サトシは、あんりをギュッと離れないように抱きしめる

 

そして、耳元で

『愛してるよ、、。あんり』と囁く

 

 

『ありがとう、、私も大好きだよ』とサトシを見つめる

 

 

サトシもあんりを真剣に見つめ

 

 

2人とも目を瞑り

そっとキスをする、、、、

 

その後

2人で顔を見合わせ微笑む

 

『あっ!そうだ。あんり、実は、、あんまり連絡が取れなくなったのは、、、日本に戻ってこれるようになったからなんだ』と微笑んで応えるサトシ

 

『えっ?!なら、すぐ教えてくれればよかったのに、、、』と拗ねるあんり

 

『あんりにびっくりさせたくて、、、喜ぶと思ってたから』と微笑むサトシ

 

『もう、、私だけハラハラしてたなんて、、、』とほっぺを膨らまして怒るあんり

 

サトシはそんなあんりを見て

クスッと笑い

『ごめんごめん。あんりならわかってくれると思ってたから』と微笑む

 

『そんなに、、、私は待っていられませんよ』と拗ねて応える

 

 

『大好きだから、許してあんり』と微笑むサトシ

 

『あっ、、そんな風に言われたら怒れないでしょ』と偉そうに話すあんり

 

『ありがとう。本当に毎回優しいよね』とニコニコで応えるサトシ

 

は〜っとため息をつくあんり

 

『ごめんごめん。、、、あんり、、でも、不思議なことがあったんだ、、、日本に帰ってこれるようになったのもいきなりなんだ』と不思議な顔をする

 

『いつ決まったの??』

 

『今年に入ってすぐ、、、今までそんな話一切も出てこなかったから』

 

『そうなんだね。、、、あっ!もしかして、、』とあんり

 

 

『どうしたの??』

 

『私が去年書いた七夕の願い事が叶ったのかも、、、』と微笑むあんり

 

『何書いたの?』とあんりの顔を覗き込むサトシ

 

『知りたいの?、、う〜ん、、、それは内緒。恥ずかしいから』と微笑むあんり

 

『今更だよ。、、でも、今年の願い事も』とあんりの短冊をまじまじと見るサトシ

 

『サトシ!!その短冊返して、、、私はお願い事しただけだもん』と取り返そうとするあんり

 

 

『だめだよ、、、。これは僕が記念にとっておくね。、、、この願い事がきっとあんりと合わせてくれたから』と微笑むサトシ

 

『えっ!やだ、、恥ずかしいから返して!!』と顔を赤くして怒る

 

『やだ、、、あっ、あんり代わりにこれあげるよ』と微笑み手を取るサトシ

 

『うん?!何?』とサトシの顔を見る

 

 

『ごめん、、目を瞑って、、あんり、、3秒たったら目を開けて』と恥ずかしそうに応える

 

言われた通りに目を瞑る

 

そして、

 

 

 

3秒数えて目を開けて見ると、、、

 

 

左手の薬指に

 

 

星型のダイヤがついた指輪がついていた、、、

 

『もう、、サトシは、、、』と指輪を見つめるあんり

 

 

『これからはずっと一緒にいようね、、、あんり』と微笑むサトシ

 

 

あんりはサトシをじっと見つめ

『うんっ!ずっと一緒にいようね、、、』と満面な笑みで応える

 

 

そして、

 

 

星を2人で見上げる、、、

 

 

 

(お、し、ま、い❤︎)

 

 

http://novel.blogmura.com/