yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

きっかの両親.47

電話にでたきっか

 

電話の相手は、お母さんからだった


『今から行くね』と微笑んで電話を切る

 

『ミンお母さん達もうお店にいるみたい行こう』 とお店に連れて行くきっか

 

きっかの両親がお店の前で待っている

 

『お待たせ〜』と久々に両親に会い喜ぶきっか

 

ミンの方を見て『こちらがイ.ミンくんです』と笑顔でミンを紹介する

 

 

『こんにちは、初めましてイ.ミンです。よろしくお願いします』と笑顔で挨拶するミン

 

『こんにちは、凄いイケメンなお兄さんなんだね』とニコニコで応えるきっかのお母さん

 

『さぁ、入ろうか』と微笑むお父さん

 

お店に入り

 

ご飯を注文する

 

そして話をする

 

 

『ミンくんとはどこで知り合ったの?』と気になるお母さん

 

『大学で知り合ったんです』と微笑むミン

 

『そうなんですか。どんなお仕事をされてるんですか?』とお父さんからも質問

 

『仕事は、、、俳優です』と言いづらそうに応えるミン

 

『それだからかぁ〜。凄くかっこいいからミュージシャンかモデルさんだと思ったよ』と笑って応えるきっかの両親

 

『お母さん。ミンは、モデルもミュージシャンもやってるんだよ』とはしゃいで微笑みながら応えるきっか

 

『そうなの?凄くかっこいいね。』と笑って話をするお母さん

 

そこから話が盛り上がる

 

『俳優さんなんですよね?』ときっかのお母さんがミンにニコニコで聞く

 

『はい。』と微笑んで応えるミン

 

『もしかして、こないだ日本でやったドラマにもでてますか?』と気になり聞くお母さん

 

ミンが『はい。多分出てると思います、、、。知っているんですか?』と聞き返す

 

『この間まで見てたから』と笑って応えるお母さん

 

『作品まで見ていただいて嬉しいです。』と笑って応えるミン

 

『有名な俳優さんが、なんできっかと?』と不思議がるお父さん

 

『僕が、、大学で一目惚れしてしまって、僕からお付き合いして欲しいときっかさんに頼んだんです。今回は、どうしてもきっかさんとのお付き合いのことで大事なお話があり、こうして会う機会を設けさせてもらいました。』と真剣に話すミン

 

『そうですか。そうやって言ってもらえると凄く嬉しいです。きっかはあなたから見てどんな子ですか?』と真剣に聞くお母さん

 

『きっかは、僕にとって大事な人なんです。側にいて応援してくれるだけで何倍も勇気が貰えて。、、ホント大切な人なんです。今は、きっかさんと結婚を前提に真剣にお付き合いしてるんです』ときっかの方を見て微笑んで話すミン

 

そんな2人の様子を見ている両親

 

お父さんがお母さんと顔を見合わせて頷き

 

2人とも
ミンのことを真剣に見て

『きっかのことをよろしくお願いします。』とお父さんから頼まれるミン

 

きっかの両親から直々に頼まれてびっくりするミン

『あっ、すみません。こちらこそよろしくお願いします。』と嬉しそうに微笑むミン

 

その後、俳優での面白い話とかミンの両親のこととか、いろんな話で盛り上がる4人

 

話が盛り上がり過ぎて、気づいたらだいぶ時間が経ってしまった、、、

 

きっかとミンは時間に気づいたのが遅く

東京に帰る新幹線を逃してしまう

 

 

そんな困っていた2人を見て

 

きっかの両親たちは気を使ってくれ

『よかったら、うちに泊まりに来ませんか?』と微笑んで聞いてくれる

 

2人は顔を見合わせて頷き

 

きっかの実家に行くことに

 

きっかの両親は車で来ていたので

4人で車に乗り

 

いざ、きっかの実家へ

 

ミンは日本の古い家にあまり行ったことがなかったので全部が新鮮で嬉しい

 

2階のきっかの部屋がそのままになっているのでそこを使うことに

 

部屋に入ると

 

きっかのいろんな思い出の品がたくさん置いてある

 

ミンは、それを見ながら

『良いご両親に育てられたんだね。』ときっかのことを見て微笑む

 

『だから、大丈夫って言ったでしょ。』と笑顔で応えるきっか

 

『緊張して損したなぁ〜。』とホッとするミン

 

『ミンって前から思ってたけど、日本語かなり上達したよね』とニコニコしながら話すきっか


きっかの顔を見て
『一体誰のせいでうまくなったと思ってるの??きっかが韓国語を覚えてくれないからでしょ』と目を細めてきっかを見る

 

『ごめ〜ん。次からは頑張って覚えるよ』とガッツポーズをするきっか

 

『はいはい。』と冷たくあしらうミン

 

『もう。』とほっぺを膨らまし拗ねるきっか
ミンをチラッと見て

そして、後ろからそっと抱き付く

 

2人で絡み合いじゃれ合い

 

顔を見合わせ微笑む、、、

 

『あっ!明日モーニングに行こう。愛知県にしかないから』と嬉しそうに話すきっか

 

『いいよ〜。7日までは何もないし』と微笑んで応えるミン

 

『きっか。でも、ライブの打ち合わせあるでしょ?』と仕事の心配をするミン

 

『えっと、6日の日にゲネプロがあるからそれだけいけば大丈夫なの。』と微笑んで応えるきっか

 

『じゃあ、それまでは日本で観光ができるね。』と微笑むミン

 

 

2人で色々話をしていると

 

『きっか〜。お風呂湧いたよ』とお母さんが伝えにくる

 

『わかったよ。ありがとう』と微笑みお風呂へ

 

 

2人ともお風呂に入り

 

後は寝るばかり、、、

 

ミンは緊張しすぎたのか疲れている

 

『今日は、ありがとね。』とミンを見つめ優しいキスをする

 

『やっと一緒になれるね。もっと頑張らないと。』と笑って応えるミン

 

『あんまり頑張りすぎて身体壊さないでよ。』と忠告するきっか

 

『男のことをわかってないなぁ、きっかは』と笑うミン

 

『わからないよ。女の子だもん。でも、、、ずっと側にいてね。ミン』と真剣な顔をしてミンを見つめるきっか

 

 

2人でくっついて寝ることに

 

ずっと幸せを感じる2人、、、

 

 

 

http://novel.blogmura.com/