yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

コンサート.65

『きっからしいね。』と微笑むジョン

 

『ジョン!!抜け駆けはダメだよ。何の話してるの?』と2人の間に入るハウル

 

『なんにもないよ。内緒』と笑って応えるジョン

 

『きっかちゃん、本当素敵だよ。かわいい。』と、他のメンバー

 

『みんなありがとう。すっごい嬉しいよ』とにっこり笑うきっか

 

『でも、きっかは狙ったらダメだからね。』と忠告するジョン

 

『なんで??』と唐突に聞くハウル

 

『ほらほら、楽しく頑張ろうね』と中にリーダーが入ってくる

 

『ほんときっかちゃん別人みたい』と髪を触るリーダー

 

みんながきっかからリーダーを引き離す

 

『ダメですよ。リーダー』とみんなに言われる

 

不思議に思いきょろきょろするきっか

 

『頑張ろうね』と笑顔満開でみんなに応えるきっか

 

みんなきっかの表情を見て気合が入る

 

 

円陣を組んで『ファイティン!!』

 

そして最後の打ち合わせへ、、、

 

 

きっかは淡々と仕事をこなしていく

 

みんなも最後の確認をして休憩へ

 

 

『きっか、コンサートどう??』と微笑んで聞くジョン

 

『凄く良いコンサートだと思うよ。流石だよ。かっこいいし』と絶賛するきっか

 

『また、一緒にコンサートやろうよ。みんなも望んでるし』と微笑むジョン

 

『う〜ん。今回のコンサートが終わってから考えるね。みんなの迷惑になるのは嫌だから』と微笑んで応えるきっか

 

『わかったよ。考えといてね』とニコニコで話を聞くジョン

 

あっと言う間に開場の時間が迫って来る

 

久々で緊張しているきっか

 

ハンソが肩をトントンとたたき緊張をほぐそうとする、、、

 

 

『ありがとう。』と笑顔で微笑むきっか

 

その姿を見てホッとするハンソ

 

………

 

 

その頃、ミン達はコンサートに行く準備をしている

 

 

『う〜ん、、、どうしたら、きっか驚くかなぁ?』と呟くミン

 

『普通に行くだけで驚くと思うよ』と笑って応えるシン

 

『なんか緊張するよ。』と顔が引きつっているミン

 

『ほんと、ミン君ってかっこいいね。私もファンになるよ』と微笑むかすみ

 

それを言葉を聞き

シンが変な顔をしている

 

『いいでしょ?』と微笑むかすみ

 

『わかったよ、、、。』と少し落ち込むシン

 

ミンがその2人のやり取りを見て笑っている

 

チラッと

ミンの顔を見て冷たい顔をするシン

 

『ほらっ、行くよ。コンサート始まっちゃう』と急かすかすみ

 

電車に乗り会場に向かう

 

 

会場に着き

グッズ売り場に行く3人

 

ペンライトを買い

 

いざ、中へ

『よしっ。じゃあ中に入るよ』とシン

 

 

 

でも、やっぱりミンが目立ちすぎて

 

みんなしてあれってミン君じゃない?と注目の的になる

 

『ヤバイよ。ちょっと早歩きして』と焦るシン

 

『ミン君、急いで』とかすみも急かす

 

ファンの子達がざわざわしてきたので目立たないところへ移動する3人

 

そこへ移動すると

ジョンからたまたま電話がかかってくる

 

(韓国語で)

『もしもし兄さんもう会場に入りましたか?』とジョン

 

『それが、、ファンの子が多すぎて会場に入れないんだ』と困って応えるミン

 

『そうなんですか。じゃあ、マネージャーをそっちに送るので一緒に中に入ってください』

 

『ありがとう。助かるよ』とミン

 

 

ミンと電話をしている時にきっかがたまたまジョンに話し掛ける

『ジョンこの曲の時なんだけど、、、』

 

きっかにごめんと動作をするジョン

 

『わかりました。はい、お願いします。また電話しますね』ときっかにバレないように伝える

 

きっかの声がミンの電話から聞こえてくる、、、

 

(きっかの声がする。早く会いたいと思うミン)

 

ジョンからの電話を切り

 

かすみとシンにジョンのマネージャーがくることを伝えるミン

 

少し経つとマネージャーが3人の元へやってくる

 

『ミンさん、遅くなってすみません。こんにちはこちらです』と案内するマネージャー

 

『ありがとうございます。助かります。』と急ぐミン

 

『今日は来てくれてありがとうございます。楽しんでいってくださいね』と席まで案内される

 

席に着き

 

話をする3人

 

周りの人達がミンに気づく

 

『ねぇねぇ、、あの人ミンくんだよ。かっこいい❤︎、、、ドラマの曲を提供して仲良くなったから見に来たんだね』と口々に言うファン

 

『ミンくんって、やっぱり凄いね』とかすみがシンに言う

 

『そうなんだよ。ミンはすごいんだよ』と小さい声でかすみに笑って応えるシン

 

その時

きっかからミンにメールがやって来る、、、

 

 

メールを見るミン

 

ピースをしている写真でがんばるねと書いてある

 

 

ミンはそのメールを見て微笑む

 

かすみとシンは

ミンの嬉しそうな姿を見て顔を見合わせて微笑む

 

 

そして、コンサートが始まる、、、

 

 

曲が流れ

 

ジョン達がでてくる

 

 

きっかを探すミン

 

ステージの上の方で演奏しているのを見つける

 

着物姿のきっかを見つけ

 

じ〜っと見つめているミン

 

 

きっかもステージで楽しんでいる

 

たまに近くにくるジョン達とも絡むきっか

 

 

ファン達にも手を振ったりしている

 

途中

かすみを見つけ手を振るきっか

 

(かすみ来てくれたんだ。嬉しい。、、、あれ?って)

 

楽器を吹きながらきっかが何かに気づく、、、

 

 

(ミン、、??私チケット渡してないけど??)と不思議に思うきっか、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/