yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

一緒に.84

『ミン?わかった??』

 

 

 

 

『うん、、、。』

 

なんかそわそわしているミン

 

『ミン?どうだったの?』と聞き返すきっか

 

ぼっ〜として何も答えないミン

 

『ミン、、、?もういいよ。自分で調べるよ』と真剣に話すきっか

 

 

『あっ。えっと、、あ』とさっきよりももっと行動がおかしいミン

 

『ミン?変だよ、、、』と笑うきっか

 

『ごめん。、、びっくりして』ときっかの顔をじっと見つめるミン

 

そして、

『素直に喜んでいいのかなぁ、、?』ときっかの顔をもう一度見る

 

『ミン、、、?、じゃあ、、嬉しい?』と真剣に聞くきっか

 

『嬉しいに決まってるよ。僕ときっかの子だよ。絶対かわいいよ』と凄く嬉しくて微笑むミン

 

『よかった、、、。ミンがこんなに喜ぶと思ってなかったから。私のお腹にいるんだね』微笑むきっか

 

『仕事が忙しかったから、全然気付かなかったよ。ミンよくわかったね。』と笑って応える

 

『母さんに言われて、、、それに忙しいのは仕方ないよ。でも、これからは無理しちゃダメだよ』と急にお兄さんぽく話すミン

 

『うん。、、でも、ミンとのライブもあるし。』とミンをじっと見るきっか

 

『それなら、気にしなくていいよ。いつでもできるから。またの機会で』と微笑むミン


すると
ベッドから体を急に起こし
『ミン。私それだけは絶対出たいの。一緒に参加させて』と涙目になりながら必死に頼むきっか

 

『何も泣かなくても。まだ調子がよくないんだから。横になってないと』と心配するミン

 

『お願いミン。』と手を合わせて必死に頼む

 

必死になるきっかを見て

『仕方ないなぁ〜。じゃあ、きっかのお腹が大きくなる前にライブを組もうか』と手を握って笑って応えるミン

 

『うん。』と真剣に頷くきっか

 

『とりあえず、、明日病院に行こう。そこからどうするか決めよう。ほらっもう寝ないと。』と優しく声を掛けるミン

 

『うん。、、、後もう1つわがまま言ってもいい?』と上目使いで話すきっか

 

『何?』と微笑みながら聞くミン

 

『一緒に引っ付いて今日は寝て欲しいの。』と服を引っ張りながら話すきっか


クスッと微笑み
『うん。いいよ。、、お風呂に入ってくるから。先寝てて。』と頭を撫でるミン

 

『うん。待ってる』と笑顔で応えるきっか

 

 

ミンはお風呂に入りに行く

(嬉しくて嬉しくてどうしていいかわからない。ミン)

シャワーに当たりながら嬉し泣きをしている

 

お風呂からでてきっかの元へ

 

ぐっすり寝ているきっか

 

前髪をそっとよけて

キスをする、、、


『ありがとう』と呟き微笑むミン

 

そして、冷静になり

 

今後のことを考えるミン、、、

 

 

次の日

 

きっかが先に目を覚ます、、、

 

隣にはミンがすやすやと気持ち良さそうに寝ている、、

 

ミンはどうも寝るのが
遅かったみたいで


まだ

起きない、、、

 

そのまま
ミンに引っ付くきっか

 

引っ付くといきなりキスをしてくるミン

 

『寝てたんじゃないの?』と笑顔で聞くきっか

 

『きっかがあまりにも引っ付いてくるから起きたよ』と笑って話すミン

 

『きっか、外に行けそう?』ときっかを見つめて聞くミン

 

『うん。、、今の所は怠いだけだから。』と微笑むきっか

 

『よしっ。準備して病院に行こう』

 

『ミンは、もちろん留守番するよね?』と聞き返す

 

首を振り
『ついていくよ。』と素直に応えるミン

 

『えっ?!、、バレたら大変だから、家にいて』と止めるきっか

 

『だめだよ。ただでさえきっかは韓国語が曖昧なのに。病院に行ったら誰が先生と話すの??』と真剣に見つめて話すミン

 

『それはそうだけど、、。』と困るきっか

 

『変装するから大丈夫だって』と笑って話すミン


そして、
出掛けるため変装をする

 

『もう、、』と呆れるきっか

 

ホクロを口元と目元につけ眼鏡をはめ
髭もつけ髪型も少し変える

 

今日は凄い念入りにしているミン

 

きっかもカツラを被り眼鏡をかけ
大人しめな女の子に

 

準備をして病院へ向かう2人、、、

 

結局近くにある

 

個人病院に行くことに

 

平日だったからか
たまたま空いている

 

ミンが受け付けをしてくれて

 

ソファーで待つ2人、、、

 

そわそわする2人

 

周りの目も気になるけど

 

自分のことが凄く気になるきっか

 

『大丈夫だよ。』ときっかの顔を見て手を繋ぐミン

 

 

そして、
診察室へ


(韓国語)

『どうぞ』と先生


緊張して
椅子に座るきっか

ミンは後ろの方に立っている

 

『日本の方ですよね?韓国語話せますか?』と質問される

 

『少しなら』ときっかが応えると

 

ミンが

『僕が話をします』と話の中に入ってくる

 

『旦那さんは、韓国人なんですね。じゃあ、お願いします』と微笑んで話す先生

 

きっかの体調や様子を聞き

 

エコー検査をする先生


検査の途中
『おめでとうございます。』とミンときっかに話す先生


それを聞き
笑顔で顔を見合す2人


『予定日は12月24日ですね。順調に育ってるみたいなので心配ないですよ。、、さっき撮ったエコーの写真です』と写真をもらい


じっと写真を見て
きっかはミンの顔を見る、、、


すると
ミンはニコッと微笑み返し
きっかを見つめて頷く


2人で『ありがとうございます』と医師に挨拶をして

 

診察が終わり


病院から
家に向かう2人、、、

『これから。色々一緒に考えていこうね』と笑って応えるミン

きっかはミンを見つめそっと頷く

 

そして、


ため息をつく2人


『揃ったね』と顔を見合わせ微笑む、、、

 

http://novel.blogmura.com/