yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

記者会見.88

会場に入ると報道陣たちがカメラやビデオで撮影を始める、、、

 

パシャパシャ撮られるミンとハンソ

 

前座の席に座る2人

 

司会の人が

それでは記者会見を始めます

と生放送の会見が始まる、、、

 

テレビで見ている人達は

 

ミンのドラマの新作発表だと思ってテレビを見ている

 

生放送ということもあって

凄く注目してみんな見ている

 

そして、

会見が始まる、、、

 

ハンソがまず話し出す

『記者の方達、ファンの方達。、、この度、この様な記者会見にお集まりいただき誠にありがとうございます。もう知っていらっしゃる方もいると思いますが、この度、イ.ミンが結婚することになりました』と話しだす

 

すると

その会見を聞き会場全体が騒めく、、、

 

ミンのアップの画像が生放送でたくさん流れる

 

『詳しいお話は本人から直接お話ししたいということなので、この場をお借りして挨拶させていただきます。』と頭を下げるハンソ

 

ミンが次に話し出す

『この度は、この様な私事の会見に集まってくださり本当にありがとうございます。先ほど、社長からお話がありました通り私事ですが、結婚する運びになりました。相手が一般人の為、紹介はできませんがご了承ください。』と頭を下げるミン

 

カメラやビデオで凄く撮られるミン

 

『何か質問があればお答えすることになっていますので質問がある方、挙手をお願いします。』と司会者が伝える

 

いろんな記者が挙手する

 

『そちらの方、社名と質問をお願いします。』と司会者があてる

 

 

「はい。BBSのカン.ソジュンです。いつから相手の方と付き合っているんですか?」

 

『半年前からです。仕事先で出会いました。僕が一目惚れをしてしまって、、そこで出会いました。』

 

「一目惚れだったんですか?ファンが驚きますね。どんな方か詳しく教えていただけますか?」

 

『はい。とても可愛くて優しい方です。いつも人の心配ばかりして凄く仲間思いの子です』

 

「そうですか。ありがとうございました」

 

「続きまして、次の方」と司会者

 

「はい。SBSのイ.ジウです。噂によると日本人の方だと聞きましたが本当のことですか?詳しく教えてください。」

 

『はい。そうです。日本人の方です。』とさらっと応えるミン

 

「噂は本当だったですね。あともう1ついいですか?相手の方が韓国のミュージシャンと関わりのある方とお聞きしましたが」

 

『関わりがあるといえばあるのですが、相手が一般人の為詳しく教えられないです。すみません』

 

『ありがとうございました。』

 

『続きまして、、、、、

 

どんどんどんどん質問詰に会うミン

 

途中でみんなで笑い出す光景も見られ記者会見は終わる、、、

 

挨拶をして

その場を離れるミン

 

『皆様、これからもイ.ミンをよろしくお願いします。』とハンソも挨拶し2人で会場を後にする、、、

 

………

 

ミンの運転手が車を会場に着ける

 

その車に乗り込み

きっか達のいる打ち上げ会場に向かうミン、、、

 

『なんか疲れた〜。』とネクタイを緩めるミン

 

『凄い質問詰だったけど、よく答えたなぁ』と感心するハンソ

 

『あんなに疲れるなんて。もう記者会見はしたくない』と笑いながら応えるミン

 

『きっかはこのこと知ってるのか?』とハンソが不思議そうに聞く

 

 

『実は、まだ、、、、言ってないんだ。タイミングがなくて』と真剣に話すミン

 

『まぁ、すぐ耳に入るだろう。あんなにでかい記者会見をしたんだから』と笑って応えるハンソ

 

『本当、、ありがとうございます。助かりました。』 と頭を下げるミン

 

打ち上げ会場に着くミンとハンソ

 

『俺は、他に仕事があるから、程々にして帰れよ』と微笑んで話すハンソ

 

『わかりました。』とハンソを見送るミン

 

お店に入ると

 

中はどんちゃん騒ぎ

 

みんながお酒を呑み酔っ払っている、、、

 

 

記者会見の事は誰も知らない様子

 

ソヌが『ミン兄、こっちですよ』と呂律が回っていないが、きっかのいるところを教える

 

『ごめん、、。遅くなった。仕事が長引いちゃって。』と謝るミン

 

『撮影が終わったばかりなのに兄さんは凄いですね』と酔っ払ってミンに絡むソヌ

 

『そんなことないよ。ソヌの演技もやっぱり流石だったなぁ。』とニコニコで褒めるミン

 

『やめてくださいよ。ミン兄には敵わないですよ』と笑って機嫌がいいソヌ

 

『呑みすぎだよ。ソヌくん。もうそれぐらいにしといたら』とお酒を取り上げるきっか

 

『やっぱり優しいよね。僕の方に向いてくれればいいのに』ときっかに絡む

 

みんなで盛り上がる

 

そこに

1人のスタッフが遅れてお店にやってきた、、、

 

すぐに監督に近寄り何かをコソコソ話している

 

監督がいきなり大きい声で

『おいおい。この中におめでたい奴がいるぞ〜。』と酔っ払って話す

 

『誰ですか?監督』とニコニコでソヌも参戦

 

『大丈夫??ソヌくん』と心配しながら酒の解法をしているきっか

 

『ミン、立ってこっちに来いっ!!』と手招きする監督

 

監督に呼ばれたので

急いで監督の元へ行くミン

 

『ほらっ、みんな注目。我らがイ.ミンからありがたいお話が』とかなり酔っている監督

 

『監督、ありがたいお話じゃないですよ。』と笑って応えるミン

 

『ほらっ、みんながお前を待ってるぞ〜。早く言え。』と凄く絡んでくる

 

『監督、大丈夫ですか?飲み過ぎですよ。』と心配できっかも近づいてくる

 

解法しようと監督に手を掛けようとした時

 

 

ミンがきっかの手を掴み

 

いきなり手を繋ぐ、、、

 

『実は、報告したいことがあります。』と大きい声で話すミン

 

 

きっかは不思議そうにミンを見つめる、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/