yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

帰りのデート 前編

付き合ってからデートといえば

 

帰る時ぐらい

 

なんせ部活が終わるのが遅いし

 

土日も部活で会えない

 

会える日は帰りにご飯を食べに行くぐらい

 

 

『はぁ〜。』と空を見上げてため息がとまらない美月

 

 

『今日はどうしたの?最近ため息ばっかりついてるよ』と笑う恵

 

 

『高校生の恋愛って、、どんな感じだと思う??』とつい聞いてしまった美月

 

『う〜ん。また難しい質問だね、、。高校生の恋愛ね』と考える恵

 

『付き合ってるのに、帰るときしか会えないなんて、、』と急に泣きそうになる美月

 

 

『みづき!!あっ、、大丈夫だよ。ほらっ、私なんて彼氏いないし。ねっねっ。』と慰める恵

 

『ごめん、、、。恵、、困るよね』とタオルで顔を拭きながらもう泣いている美月

 

『私は、、好きなら大丈夫だと思うよ。それが1番だよ』と肩を叩き慰めて微笑む恵

 

『ありがとう、、。そうだよね。私、、拓也のこと大好きだもん』と恵に頷きながら応える美月

 

そんな美月を見て

『毎日一緒に帰っているだけでも羨ましいのに』と口を尖らして拗ねて話をする恵

 

そんな恵を見て

『恵大好き、、。恵に相談してよかったよ。がんばる』と抱きつきながら気合いを入れる美月

 

恵はクスッと微笑み

『ほんと良かった、、。また、ラブラブな恋愛話聞かせてね』と笑う恵

 

『うん』とニコニコ笑顔で応える美月

 

 

『美月、そういえば、、もう18時だけど大丈夫なの??』と時計を指差す恵

 

『えっ??、、18時??、、、、』と考える美月

 

『えっ〜!!、うそ〜!!、、もうそんな時間なの?!拓也との会う時間越してる』と焦ってまた泣きそうになる美月

 

『ほんと、、変な時に抜けてるんだから。いつもはかっこいいのに』と笑う恵

 

急いで帰る準備をして

『あっ、、ごめん。先帰るね、、、あと恵、、先生に部室の鍵渡しておいて』と手を合わせてお願いする

 

 

『そんなのいいよ。早くいっておいでよ。、、拓也くん待ってるよ』と笑う恵

 

『本当ごめん。また、、今度埋め合わせするから』と手を振って部室から慌てて出て行く

 

 

………

 

その頃

 

『美月今日は遅いなぁ〜。何かあったのか??』と空を見ながら心配する拓也

 

 

『拓也ごめん、、遅れた、、はぁはぁ』と息を切らしている美月

 

 

『美月、、、、』とびっくりする拓也

 

『あっ、、遅かったから、今部室に行こうかと思ってたんだ』と微笑んで話す拓也

 

『本当ごめん、、。今日は18時って言ってたのに、、、』と手を合わせて凄く謝る美月

 

『いいよ。ほらっ、じゃあ行こう』と笑顔で話す拓也

 

その笑顔にドキッとする美月

 

拓也は美月の手を取り

さりげなく手を繋ぐ、、

 

『拓也、、?』と拓也の顔を覗き込む美月

 

『何、、??』と微笑む拓也

 

『ううん。何にもないよ。』と微笑む美月

 

 

『みづき、、今度どっか出かけようかぁ〜。毎日帰りにしか会えないのは、、やだよね??』と優しく笑いながら話す拓也

 

 

それを聞いてびっくりする美月

 

美月のびっくりする顔を見て

『あっ、、もしかして、出掛けるのいやだった??』と頭を掻きながら話す拓也

 

『ううん。違うの、、。私、拓也とデートしたい』と満面な笑みで応える美月

 

『そっかぁ〜。じゃあ、お出掛けしよう。、、美月行きたいところある??』と微笑む拓也

 

 

『えっ、、あっ、、プラネタリウム、、なんて、、無理だよね、、?』と遠慮して聞く美月

 

そんな美月を見て

『いいよ。僕もいきたかったから。』と微笑む拓也

 

『本当に??、、凄く嬉しい』とニコニコで応える美月

 

(その笑っている顔を見て可愛いと思ってしまった拓也)

 

そのまま

じっと美月を見つめる、、、

 

『たくや、、、??』と拓也の顔を覗き込み微笑む美月

 

急に恥ずかしくなり

照れて後ろを向く拓也

 

『たくや、、、??』と服を引っ張り様子を伺う美月

 

そんな無邪気な美月の様子を見て

 

拓也は

クスッと微笑み

 

『じゃあ、日曜日に行こう』と笑顔で指切りをする、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/