yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

月物語.2

『こんなところにいたんですか?姫』と馬に乗りながら話す男の人

 

太陽の光で男の人の顔がよく見えない美桜

 

男の人が馬に乗りながら美桜に手を差しのべる

 

美桜はよくわからず

 

その手を受け取ると

 

グイッと引っ張られる、、、

 

すると身体がふわっと浮かび上がり

 

そのまま

男の人の後ろに乗せられる

 

『あっ、、あの、、、』とパニックになる美桜

 

『姫酷いですよ。僕との結婚式ですよ。、、逃げるなんて、、そんなに嫌ですか??』と話し掛けるカミル

 

『えっ?違うの、、気づいたらここにいて、、、だから』と必死になる美桜

 

その様子を見てホッとするカミル

馬を降りて

 

『よかった。結婚式が嫌で逃げたのかと思いましたよ。』と美桜の顔を見つめて微笑んで話すカミル

 

その顔を見てびっくりする美桜

 

王子様ということもあってか

とってもカッコよくて優しそうな人、、、

 

その顔を見て見とれていると

 

『姫、??今日の姫はいつもと違いますね、、。風邪でもひいたんですか??』と顔を見つめるカミル

 

『あっ、、えっ、?違うの、、いつもと一緒だよ』と苦笑いする美桜

 

すると、

また頭痛がして

 

よろける美桜

 

そのまま馬から落ちそうになる

 

すると

『エミール姫!!』と声を掛け

カミルは美桜を抱き締める

 

美桜はそのまま意識が飛んでしまう、、、

 

あっ、、

 

きっとさっきのは夢?

 

変な夢だなぁ、、、

 

でも、、

 

本当にかっこいい人、、、

 

優しいし

安心する、、、

 

そして、

また目を覚ます

 

ベッドに横たわっている美桜

 

さっきとは違う場所みたい、、、

 

自分の世界に戻ったと思い

身体をそっと起こす美桜

 

すると

『大丈夫ですか?姫』と手を繋いで心配するカミル

 

えっ?まだ夢の中、、??

 

私、、どうしちゃったの??

 

 

と不思議な顔をしていると

 

『やっぱり頭をぶつけたんですね?』とカミルが美桜のおでこに自分のおでこを引っ付ける

 

顔が近づく2人

 

美桜は緊張して硬直する、、、

 

美桜が固まっているのに気づき

『う、、ん?、、姫??、、痛いところとかありますか??』と今度は顔を覗くカミル

 

『い、、痛い、、ところは、あ、、ありません』と顔を赤くする美桜

 

『本当に大丈夫ですか??』ともっと顔が近づき

 

そのままキスをされる、、、

 

えっ、、、

 

とびっくりする美桜

 

すると

 

今まで見たことのない記憶がたくさん頭に蘇ってくる

 

 

その思い出は全部カミルとの思い出、、、

 

 

楽しいこと悲しいこと嬉しかったこと2人の思い出が

 

全部頭に入ってくる、、、

 

 

『姫、、??』とまた心配するカミル

 

その顔を見て

ホッとして

 

涙が出てくる美桜、、、

 

『どうしたんですか??姫?!、、あっ、、キス、、、嫌でしたか??』とアタフタするカミル

 

『ち、、違うの、、、今やっと思い出したから、、、』とカミルを見つめる美桜

 

『えっ、、??何をです??』と不思議そうに美桜を見つめるカミル

 

『カミルとの思い出、、、』と美桜が応えている最中

 

また

急に頭痛が起こり

 

頭を抑え目を瞑る美桜

 

待ってまだカミルにいろいろ話してないのに、、、

 

一体なんなのこの頭痛、、?

 

カミル、、

 

 

私の大事な人、、、??

 

ふわっと浮いた感覚になる美桜、、

 

私どうなっちゃうの、、、

 

そして、

頭痛が治り

 

また目を開ける美桜

 

またさっきと景色が違う、、

 

カミル、、

 

一体どうしたの、、何、、、??

 

とベッドからハッとして急に身体を起こす美桜

 

すると

 

いきなり抱きしめられる美桜

 

 

『美桜!!本当に心配したんだから、、!』と大泣きしているさあや

 

それにびっくりする美桜

 

えっ、、?

 

ここは、、

 

と不思議な顔をしてさあやを見つめる美桜

 

すると

さあやの背後から

『大丈夫ですか??』と心配する男の人の声、、、

 

 

聞き慣れた

 

安心してホッとする声が聞こえる、、、

 

『あっ、、美桜この人が美桜を助けてくれたんだよ』と紹介するさあや

 

男の人が美桜に近寄り

『大丈夫ですか??』と美桜を見つめて心配する

 

『えっ?!』と美桜はその男の人の顔を見つめる、、、

 

『どうしたんですか、、??頭でも打ちましたか??』と話し掛ける男の人

 

その瞬間、、、

 

美桜はベッドから急いで立ちあがり

その男の人に手を伸ばし

抱きつく

 

さあやは美桜の行動を見て凄くびっくりする

 

 

『ごめんなさい。、、会いたかったの、、、忘れてた、、あの時凄く約束したのに、、、』と泣きながら男の人に抱きつく美桜

 

すると

『大丈夫だよ、、。やっと会えた僕の大切な人』とギュッと抱きしめる男の人

 

美桜の顔を見て優しく微笑む

 

美桜は昔の記憶を全部思い出す、、、

 

 

実は、、、

 

カミルとの結婚式の時、、、

 

島のみんなから凄く至福され

幸せ絶頂なカミルとエミール

 

 

でも、、、

 

そんな幸せはたった少し、、、

 

 

 

結婚式の最中にいきなり大きくぐらっと大地が揺れる、、

 

急に大きな噴火と地震が起こったのだ

 

島の人やカミル、エミールは必死に島の安全な場所を探した

 

しかし、

小さい島だったドルマ島は逃げる場所もなく

 

そのまま海に沈んでしまったのだ、、、

 

 

必死に逃げて逃げ切れないとわかった時

 

カミルはエミールに

『今度会う世界で、、、君を見つけて、、絶対に幸せにするから』とニコッと微笑むカミル

 

エミールもそれに応え

『私も絶対カミルを見つけるね』と泣きながら約束をする2人

 

誓いのキスをして、、

 

最後までとっても幸せだった2人

 

 

そして、

 

 

今その時がやってきた、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/