yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

youth 出会い.1

上野ひろみ17歳普通の高校生

 

桐島学園

 

坂上 準20歳バンドマン

 

 

軽音部

 

先輩 後輩

 

spade ♠️バンド名

 

5人バンド

 

ボーカルは坂上

 

ギターは安藤 達也

 

ベースは神木 結

 

キーボードは石神 剱(いしがみ けん)

 

ドラムは堂島 誠

 

デビュー直前のバンド

 

 

………

 

ある日の事

 

 

『ごめんごめん。今日だけ一緒に行って〜』と手を合し凄く頼まれるひろみ

 

『でも、、、わたし、ライブとか行ったことないし』と困るひろみ

 

『そこを何とか。本当に一生のお願い!!わたしが凄く見たかったspade♠️のライブなの!!』と石原花音に手を合わされ何回も頼まれる

 

頼まれると断れないひろみ

『仕方ないなぁ〜。行ってあげるよ。』としぶしぶオッケーする

 

『ひろみ〜。ありがとう』と抱きつく花音

 

ひろみはクスッと笑い

『何時にどこにいけばいいの??』と笑って聞く

 

『17時から開場だから16時には会場にいてほしいの』とすごく頼まれる

 

『わかった。じゃあ、16時ね。先に待ってるからバイトが終わったら来てよ』と微笑むひろみ

 

『本当、あんたは神様だよ。大好き〜』と泣きそうになりながら抱きつく花音

 

『わかったわかった。苦しいって』と抱きついた腕を外させる

 

『じゃあ、お願いします。隊長』と敬礼する

 

『本当いつも調子がいいんだから』と微笑むひろみ

 

『ごめん。バイトの時間に遅れる!!頼んだからね』と急いでひろみのチケットを渡して手を振って走って行く

 

 

、、、

 

 

16時に会場に着くひろみ

 

でも、早すぎたのかまだ誰もいない

 

(会場間違えたのかなぁ、、こういう時にいつも方向音痴がでるから)と心配になり

 

ライブ会場の外から部屋の中を覗こうとする

 

 

 

たまたま

 

そこに坂上準が通りかかる、、、

 

 

 

ひろみが変な動きをしているのをずっと見ている

 

その動きが面白くて

クスッと笑う

 

『あの〜。もしかして、、迷子ですか?』と微笑んで声を掛ける準

 

変な行動をしてたのはやめ

 

そっと準の方を振り向く

 

『あの、ごめんなさい。ハノンってライブ会場はここですか?私、、えっと、、初めてここに来るのでわらかなくて、、』と困りながら言うひろみ

 

『ここで合ってますよ。誰のバンドを見に来たんですか??』と微笑む準

 

 

『あの、、spadeっていうグループです、、』ともじもじしながら言うひろみ

 

(この子本当かわいいなぁ〜。)と微笑み

 

『じゃあ、僕のバンドだね』とニコッと笑う

 

『えぇ!?そうなんですか?、、、あっ、ごめんなさい、、。私友達に頼まれて、、』と手を合わせ下を向き謝る

 

『本当、面白い子だね。、、あっ、よかったら僕が案内しようか』とにっこり笑う準

 

(この人かっこいい、、バンドのメンバーだよね?、、、優しいし。それで花音がはまったのか、、、イケメンだしね)

 

『ほらっ、こっちにおいで、、、』と手招きされ中に入る

 

 

『えっ?あっ!はい』と付いていく

 

でも、そわそわして不安そうに着いて来るひろみを見て

 

クスクス笑い

『大丈夫だよ。何か心配??』と優しく声を掛ける準

 

『あっ、えっと、、、友だちにいい席をとってねって言われてるので』と心配そうに応えるひろみ

 

『それかぁ〜。』とひろみを見て微笑み

 

ホールのドアを開け

 

『それなら大丈夫。いい席紹介してあげるよ』とニコッと笑う準

 

『あの〜?でも、並ばないと、、、』と悪そうに声を掛けるが

 

中にスタスタ入っていく準

 

『あの?聞いてますか??』と準を追いかける

 

会場に入るとたくさんの椅子が並べてある

 

 

それにびっくりするひろみ

 

『お〜い。こっちきて』と

ステージの近くから手招きして準が呼んでいる

 

急いで準の元へ近づくひろみ

 

『あの〜。』

 

『ほらっ、ここなら1番いい席でしょ?』と笑って声を掛けてくれる準

 

『えっ??』と変な顔をするひろみ

 

『ここが1番いい席なんだけど、、他の場所がいい??』と困った顔をして聞く準

 

『いえ、凄い嬉しいです。けど、並んで、、、』

 

『大丈夫だよ。ここ予約席にしてあげるよ』と微笑む

 

『そんな〜悪いですよ。』と困惑するひろみ

 

『だって、まだファンじゃないんでしょ??、、僕たちの魅力を分かってもらわないと』と澄ました顔で言う準

 

そして、

『好きになってもらう為にここに座って』と満面な笑みで応える準

 

『わかりました、、。じゃあ、お言葉に甘えて』と申し訳なさそうに準を見つめる

 

2人で話をしていると

 

バンドのメンバー達が会場に戻ってきた、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/