yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

youth 楽しみがいっぱい.36

『もしもし、、、うん。今からわかった。』と電話を切る準

 

『準どうしたの??』と心配になり準の顔を覗くひろみ

 

そんなひろみの顔を見て
ニコッと微笑む準
『ひろみ今から文化祭の打ち合わせするみたい』と笑って応える準

 

『そうなんだね。もうすぐだからね。、、凄く楽しくなりそうだね』とまた、ウキウキな気分になるひろみ

 

『じゃあ、一緒に行こうかぁ〜』とひろみに手を差し出す準

 

『うん、、。』と照れながら準の手を取るひろみ

 

spadeのマネージャーが迎えにくるので
準の家の前で2人で待つことに、、、

 

『ひろみ、、、あのさぁ〜』とひろみを見つめる準

 

『う、ん?どうしたの??』とニコニコ笑顔で聞くひろみ

 

『今度の日曜日、少し遠くまで遊びに行かない??』と真剣に話す準

 

『うん、、?いいよ。どこ行くの??』と楽しそうに応えるひろみ

 

『沖縄、、なんてどうかなぁ??』と微笑む準

 

『いきたい〜。沖縄かぁ〜。行ったことないから凄く楽しみ』と凄くはしゃぐひろみ

 

『じゃあ、決定ね』と微笑む準

 

『もしかしてメジャーデビューのお祝いで行くんでしょ??』とニコニコで話すひろみ

 

『そ、そうなんだよ。事務所がokだしてくれて』と笑って応える準

 

『凄い楽しみ〜。みんなも行くんだよね??』とはしゃぐひろみ

 

『みんなは、、、

 

そこにマネージャーの車が着く


『あっ、、、来たよ。さぁ、行こうかぁ』と微笑む準

 

『うん』とニコニコで頷き
準と一緒に車に乗るひろみ


ひろみは凄く楽しくて仕方ない

ずっとニコニコで楽しそう

 

幸せオーラ全開なひろみ、、、


『ひろみちゃん、今日良いことあったの??』と笑って聞くマネージャー

 

『それが、、うふふ、、、凄い良いことがたくさんあったの』と楽しそうに応えるひろみ

 

その姿を見て愛おしく見つめている準

 

『準、みんなには話したけど、桐島の文化祭の時にメジャーデビューライブをすることになったからよろしく頼むよ』とマネージャー

 

『わかりました〜。頑張ります』と真剣に話す準

 

『あと、、準。後で2人で話があるから』とマネージャー

 

『はい、、。わかりました』と応える準

 

ひろみは嬉しくてずっと外を眺めてはしゃいでいる、、、

 

そんなひろみの笑顔を見てホッとする準

 

そして、
ある覚悟を決める、、、

 

打ち合わせ場所(桐島学園)に着き話し合いが始まる

 

『準〜。待ってたよ〜』とニコニコで手を振っている剱

 

『ごめんごめん。遅くなっちゃった』と笑って応える準

 

『お前実は忘れてただろ?』とズバッと聞く誠


『あっ、、やっぱりバレてた??』とニコッと舌を出して応える準

 

『本当最近ルーズになったよなぁ。』と笑って話す結

 

『そんなことないよ。いつもと変わらないと思うけど、、、』と準が言うと

 

『絶対!!変わったよ!!』とspadeのメンバーみんなが揃って答える

 

『ハハハッ、みんなこういう時だけ仲いいんだから』と笑う準

 

『ほらっ、早く座って文化祭の話するぞ〜』と微笑んで話す結

 

結の隣には花音が座っている

花音を見つけて
『あっ、花音』と手を振っているひろみ

 

『ひろみ〜。ほらっこっちきて』と花音に呼ばれ


花音の前に座わるひろみ

 

準もひろみの隣に座り話し合いが始まる


『ここの舞台こういう風にしたらどうかなぁ、、、?』

 

『照明もこんな感じで、、、』

 

『あと、、構成もこんな感じにしたら、、、』

と色々話し合いになる


着々と文化祭の話をしていき


だいたいの事は決まっていく、、、

 

時計をチラッと見るひろみ


気づいたら
もう22時ぐらい、、、


『えっ!もうこんな時間だよ、、』とびっくりするひろみ


『本当だ〜。夢中になってたら凄い時間になったね』とニコニコで笑って応える結

 

『でも、良い感じになりそうじゃん』と楽しそうな剱

 

『俺もこの感じすごい好き。やっとだなぁ〜』とニコニコで話す達也

 

『後少しだから、、細かい所はまた徐々に詰めて行くぞ!』とみんなに声を掛ける誠

 

みんな揃って
『おぉ〜!!』と掛け声をかけ気合いを入れる

 

話し合いが終わり


解散になり帰ろうとするみんな

 

その途中で

『準、、さっき言ってた話なんだけど』とマネージャーが引き止める

 

『はい、、。わかってます。今からですか??』と真剣な表情になる準



『あぁ、、今からがいいかなぁ。』と準を見る

 

『俺たちもいたほうがいいですか??』と準の様子を見て真剣に話すspadeのメンバー達

 

すると準が

『悪いんだけど、、俺1人だけで話しさせて欲しいんだ』と真剣に話す準

 

みんなは
『わかったよ、、』と言い部屋から出て行く


そんな真剣な準を見て

ひろみは心配しながら準を見つめている、、

 

準がひろみに近寄り手を握って

『大丈夫だから。ひろみも行って、、後で迎えに行くから』とニコッと微笑む準

 

『うん、、。わかったよ』と心配しながらも準を見つめて部屋を出て行くひろみ、、、

 

準はひろみが見えなくなるまでニコニコで手を振っていた、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/