yumemonogatari

いろんな恋愛のお話です☆短編から長編まであります^ - ^

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆1

たまたまテレビを見ていて

 

彼を見つけた、、、

 

彼のパフォーマンスを見て

凄くカッコよくてすぐファンになった

 

そして、

初めて彼のコンサートを見に行った

 

みんなと一緒のファン、、、

 

けど、

まさかそこに出会いがあるなんて思ってもいなかった雪(ゆき)、、、

 

………

 

学校の帰り道

『雪〜。明日ついに翼くんのコンサートだね』と笑う愛美(まなみ)

 

『う、、ん。なんか緊張して、、、』と真面目な顔をしている雪

 

『芸能人にまったく興味のない雪がね、、』と雪をじっと見つめる愛美

 

『だって、、なんかよくわからないけど、、、凄くカッコよかったの』と顔を真っ赤にしながら必死に話す雪

 

『まぁ、いいけど、、、でも、よく1人でコンサート行こうと思ったね』と笑う愛美

 

『どうしても行きたくて、、、チケット頼んだら当たったの、、私も凄くびっくりしてるよ』と嬉しそうに話す雪

 

『東京に1人で行けるの??』と心配して聞く愛美

 

『あっ、、それだよね、、、行ったことないから余計に緊張して』と急に不安になる雪

 

『だよね、、。まぁ今はスマホがあるから大丈夫だよ。わからなかったら検索すれば大丈夫』とニッコリ笑う愛美

 

『そうだね、、、』と苦笑いする雪

 

いつも愛美と別れる十字路につく

『じゃあ、またコンサートの話聞かせてね。行ってらっしゃい〜』とニコッと微笑み手を振る愛美

 

『うん。また、話すね』と雪も手を振って愛美と別れる

 

1人になってから

コンサートのことを考える雪

 

考えるだけで凄く幸せになる

 

そして、

次の日がやってくる、、、、

 

緊張しながら支度をしていく雪

 

あっという間に時間がやってきて

 

新幹線に乗り

コンサート会場へ

 

ドキドキしながらコンサート会場に着く雪

 

とりあえず無事コンサート会場につけたので

ホッとして思わずため息がでる

 

そして、

コンサートが開演する

 

華やかでパッとしているコンサート会場

 

初めてくるから凄く新鮮で楽しい雪

 

でも、彼がでてくると

『かっこいい、、、』と呟いてしまう

 

たまたま座った席の隣が私より年齢が上のおばさんだった為か

 

私のかっこいいという呟きを聞いて

 

『本当に彼が好きなんだね』とクスッと笑われる

 

顔が赤くなる雪

 

でも、

本当に魅了してしまって彼から目が離せなくなる

 

コンサートの途中でファンサービスがあり、、、

 

 

そこで彼との出会いは始まった、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/