yumemonogatari

いろんな恋愛のお話です☆短編から長編まであります^ - ^

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆16

翼がロビーでルームキーをもらい

 

部屋へ行く

 

雪の存在がバレないように少し距離をとって内緒で部屋へ向かう2人、、、

 

部屋に入りベッドに座るゆきとつばさ

 

 

すると

翼が雪をベッドにいきなり押し倒す

 

『あっ、、つばさくん、、??』と見つめる雪

 

 

そのまま

甘い世界へ入って行く2人、、、

 

『雪、、大好きだよ、、』と途中で微笑む翼

 

『わたしも、、大好き、、、』と翼に引っ付く雪

 

『ゆきって、本当可愛いね、、ずっとそばにいたい』と微笑む翼

 

『ありがとう、、、といいつつ

そのまま眠ってしまう雪

 

そんな雪をじっと見つめる翼

 

そして、おでこにキスをして

 

 

翼も雪の隣で眠る、、、

 

 

朝になり

目を覚ます雪

 

目を開けると翼が寝ている、、、

 

 

あれっ??私って、、、

と昨日のことを思い出す雪

 

そして、

顔が真っ赤になる雪

 

私、、翼くんと、、、

 

と考え

急に恥ずかしくなる雪

 

『ゆ、、き、、、。う、、ん。眠たい、、、』と寝ぼけている翼

 

よく見ると

翼が上の服を着ていないことに気づく雪

 

すると

昨日抱かれたことを思い出し

 

もっとドキドキしてくる雪

 

『ゆき、、おいで』と布団を開ける翼

 

『あっ、、いいよ、、』と慌てる雪

 

けど、手を引っ張られ

抱きしめられる雪

 

『ゆきって、、本当良い匂いする、、、可愛い』とギュッと抱きしめる翼

 

『つばさくん、、私、、、困るよ』と声を掛ける雪

 

『いいの。やっぱり好きな人とは一緒にいたいから』と優しく声を掛け抱きしめる翼

 

真っ赤になる雪

そのまま2人でまた二度寝をする、、、

 

 

しばらくして

また目を覚ます翼

 

すると、マネージャーが部屋のソファーに座っていた

 

『げっ、、なんでここにいるの?』と飛び起きる翼

 

『げじゃないだろう、、、』と呆れるマネージャー

 

『ちょっと外でて、、』と服を着替えながらマネージャーを引っ張り外の通路に連れて行く

 

『なんで部屋にいるの??』とびっくりする翼

 

『なんでって昨日言っただろう。後で電話するって、、電話に出なかったから部屋に入った、ほんとお前は、、』と呆れるマネージャー

 

『普通入らないでしょ??』と焦る翼

 

『そうだな、、俺もびっくりしたよ。部屋に入ったら雪ちゃんと引っ付いて寝てるんだもん』とため息をつくマネージャー

 

『ゆきの、、みたの?』と心配する翼

 

『いや、、シーツかけてたからなんも、、』とマネージャー

 

ホッとする翼

『つばさ、、ファンには手を出さないっていつも言ってただろう?』と聞き返すマネージャー

 

『ごめん、、。』と謝る翼

 

『はぁ〜。まぁ、いいや。お前が女の子に興味持ってくれたから』とニヤニヤで微笑むマネージャー

 

『あのなぁ〜。変な想像するなよ』と怒る翼

 

『だって、、翼くん、、今回、、』と笑うマネージャー

 

『それ絶対!雪に言わないでよ!!』と念押しする翼

 

http://novel.blogmura.com/

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆15

そんな寂しそうな雪を見て

 

『あっ、、そんなことないよ。明日までこっちにいるよ』と微笑む翼

 

『えっ?でも、、さっきの電話、、』と不思議に思う雪

 

『泊まる場所を決めてくれたみたいで、、それでマネージャーと電話してたの』と微笑む翼

 

『そうなんだね。、、翼くん疲れてるもんね』と微笑む雪

 

そんな寂しそうな雪を見て

 

そっと手を伸ばし抱きしめる翼

 

『ほらっ、言ったでしょ。雪は僕と離れれないって』と耳元で囁く翼

 

『だって、、、』と泣きそうになる雪

 

『雪??もしかして泣いてるの??』と心配になる翼

 

『泣いてないよ、、、。』と顔を隠す雪

 

『ほらっ、、泣いてる。、、そんなに泣かれると離れれなくなる』とギュッと抱きしめる翼

 

『違うよ。目にゴミが入っていたいの、、』とごまかす雪

 

『じゃあ、顔見せて』と声を掛ける翼

 

『だめ!絶対見ないで!!』ともっと下を向く雪

 

すると

『ゆき、、ほらっ、顔が見たいんだ』と優しく声を掛ける翼

 

『いや。、、絶対だめ』と翼にくっつく雪

 

『もう。しょうがないなぁ〜』と雪の顎をクイっと上げる翼

 

『やっぱり、、凄く泣いてる、、、』と優しい眼差しで見つめる翼

 

その翼をじっと見つめる雪

 

2人で見つめ合う

 

 

そして、

キスをする、、、

 

そのままもっと深いキスをする2人

 

『翼くん、、、』と見つめる雪

 

『そんな顔で見つめられると、、、本当に離れられない。雪、、一緒に来る??』と見つめる翼

 

『行きたいけど、、、。迷惑かけちゃうから』と目を晒す雪

 

『雪、、僕と付き合ってくれませんか?』と真剣に話す翼

 

その言葉を聞いて

 

もっと涙が止まらなくなる雪

『わたし、、翼くんと一緒にいたいの、、、』と返事をする雪

 

『僕もだよ。内緒で一緒に今日はいよう。』と微笑む翼

 

『いいの、、?』と見つめる雪

 

そして、

また甘いキスをする翼

『僕が一緒にいたいから、、いさせて』と声を掛け

 

タクシーを捕まえ

 

そのまま

翼のホテルへ向かう

 

誰にもバレないように、、、
 

 

http://novel.blogmura.com/

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆14

翼の丁寧な挨拶を聞いて

『いえ。こちらこそ。奢っていただいてありがとうございました』とお辞儀をする雪

 

『雪、、、。あの、、』と声を掛ける翼

 

『どうかされたんですか??』と顔を上げる雪

 

 

すると

いきなりキスをする翼

 

『あっ、、つばさくん、、?』とつばさを見つめる雪

 

『ご、、ごめん。つい、、』と照れながら話す翼

 

そこから沈黙になる2人、、、

 

 

歩きながら少し立ち

翼がすっと手を伸ばして来て

 

雪と手を繋ぐ、、、

 

 

その行動にもドキドキする雪

 

急にいろいろ重なりすぎてどうしていいかわからない雪

 

『雪、、、やっぱり迷惑かなぁ、、?』と手を繋ぎながら話す翼

 

そんな翼を見て

思いっきり首を振り

『ち、、ちがうの、、。ただ、、どうしていいかわからなくて、、』と顔を真っ赤にして応える雪

 

『そうなんだね。雪はほんと可愛いね、、、やっぱり特別だよ』と微笑む

 

『あ、、ありがとうございます。』と固まる雪

 

そんな雪を見てクスッと笑う翼

 

『雪、、また、今度会ってくれる??』と真剣に聞く翼

 

『うん。、、私も会いたい、、』と声が小さくなる雪

 

本当は聞こえていたけど

『雪、、ごめん。今なんて言ったの??』と聞いてみた

 

すると

『あっ、、私も会いたいの』と顔が真っ赤になる雪

 

『ありがとう。これから毎日電話やメールしてもいい??』と翼

 

『えっ、、うん。私はいいよ』と恥ずかしがる

 

 

『本当、、時間がもう少しあったらいいのに』と拗ねる翼

 

そんな翼を見て

 

本当可愛い人

好きになってもいいのかなぁ、、、と考えながら翼を見つめる雪

 

『雪は僕ともっといっしょにいたくないの?』ともっと拗ねる翼

 

『私は、、テレビでも翼くん見れるから、、それだけで嬉しいよ』と微笑む雪

 

『あっ、、雪ズルイよ。僕は会えないのに』とずっと拗ねている

 

『メールいっぱいするから。ねぇ、翼くん』と見つめる雪

 

『本当に??いっぱいしてくれるの??』と顔を覗く翼

 

『うん。、、迷惑じゃなかったら』と微笑む雪

 

『迷惑じゃないよ。むしろ凄く嬉しい』と微笑む翼

 

 

そこへ

電話がかかってくる翼

 

『はい。、、そうですか。わかりました。向かいます。はい、ではまた』と電話を切る

 

『翼くん、、やっぱり帰るんだよね??』とじっと見つめる雪

 

 

http://novel.blogmura.com/

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆13

『雪、、ごめんね。なんで僕と釣り合わないの??』と淡々に聞く翼

 

『だって、、。こんなにカッコよくて優しくて人気がある翼くんだよ。私は、、ただの普通の女の子だから』と寂しそうに応える雪

 

『ゆき、、、もしかして気づいてないの??』と翼

 

『なんの話??』と不思議がる雪

 

『ゆきは凄く可愛いよ。さっきも他の男が見てたし』と応える翼

 

『そんなことないよ。翼くんの勘違い』と笑う雪

 

『勘違いじゃないよ。、、今日のゆき、、めちゃ綺麗だから』と真剣に話す翼

 

『ありがとう。嘘でも嬉しいよ』と微笑む雪

 

『ほんとに、、』と雪を見つめる翼

 

すると食事がやってくる

 

そして、

それを食べる2人

 

『やっぱり美味しい、、、幸せ』とニコニコで食事をする雪

 

その雪の様子をじっと見つめている翼

『翼くん、、美味しい??』と心配になり聞いてみる雪

 

『あっ!うん。美味しいよ。』と微笑む翼

 

『よかった。口に合わないのかと思ったから』と微笑む雪

 

『いや、、。凄く美味しいよ。雪、、これ食べる??』と笑顔で聞く翼

 

『あっ、うん、、。』と応えると

 

『はいっ、、』と翼の箸で雪の口元に食べ物を持っていく翼

 

びっくりしたけど照れながら

それを食べる雪

 

『どう?美味しい??』と微笑む翼

 

その笑顔に照れる雪

『う、、ん。凄くおいしい』と顔が赤くなる雪

 

『よかった。雪のももらっていい』と微笑むと

 

『う、ん。いいよ。』とお皿を渡そうとする雪

 

『え〜、雪。アーンやってよ』と拗ねながら応える翼

 

『だって、、そんなこと出来ないよ』と恥ずかしくなる雪

 

そんな可愛らしい雪を見て

『お願い』と手を合わせて頼む翼

 

『あっ、、わかったよ。そんなに頼まないで』と困る雪

 

『本当に、、?』と可愛らしく聞く翼

 

『う、、ん。じゃあ、翼くんアーン』と照れながら翼に食べさす雪

 

その頑張ってる姿が愛おしくて仕方ない翼

 

雪から食べさせてもらい

『これっ!めちゃ美味しいね』とはしゃぐ翼

 

『でしょ!!ここのお店やっぱり素敵』とニコニコで応える雪

 

それから

いろんなお話をして食事が盛り上がる2人

 

食べ終わりお店を後にする

『今日は本当連れて来てくれてありがとう』と笑顔で応える翼

 

 

http://novel.blogmura.com/

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆12

翼の言葉を聞き

 

急に恥ずかしくなり

『つばさくん、、ここだよ。美味しいご飯屋さん』と話を晒す雪

 

『あっ!ここ見たことある!!』と喜ぶ翼

 

その笑顔を見て

雪はもっと翼に惹かれていく

 

『どうしたの?雪、、入ろう』と微笑む翼

 

『うん、、、。』と照れながら応える雪

 

お店に入り席に座る2人

『ここのお店って有名な和食屋さんだよね?』と雪に話しかけ喜ぶ翼

 

『そうなんですよ。ここ凄く有名で美味しいんですよ』と微笑む雪

 

メニューを見る2人

 

メニューを見ながら

『ねぇ、、雪』と話し掛ける翼

 

『何??』とニコッと笑う雪

 

『雪って、、今好きな人いる??』と唐突に聞く翼

 

『えっ、、今はいないけど、、』と声が小さくなる雪

 

『そっかぁ〜。、、さっき言ったこと本気だからね』と微笑む翼

 

その言葉を聞き

急に顔が赤くなる雪

『本気、、なんですか?』

 

『うん。、、その為に会いたかったの』と微笑む翼

 

『でも、、

 

『あの決まりましたか??』と店員さんが聞きにきて

 

注文する2人

 

注文を終え

雪は翼を見てふ〜っとため息をつく

 

『唐突で、、困る??』と雪を見つめる翼

 

『あっ、いえ、、そんなことじゃなくて、、なんか信じられなくて、、』と顔を伺う雪

 

『雪は、、、僕のことどう思ってるの、、?』とじっと見つめる翼

 

『私は、、翼くんのこと、、、』と翼を見つめる

 

『やっぱり芸能人だから、、だめなの??』と寂しそうに雪を見つめる

 

『あっ、、違います!!私はつばさくんが大好きで!!』と言った後しまったと顔をして思わず口を押さえる雪

 

『、、、そうなんだね』と凄く満面の笑みで応える翼

 

『いや、、あの、、』と顔が赤くなる雪

 

『嬉しいよ。、、雪は僕が好きなんだね』とニコニコで話す翼

 

『あっ、、はい。』と恥ずかしくなる雪

 

『じゃあ、両想いなんだね、、。よかった、、、他に好きな人がいたらって心配してたから、、』と微笑む翼

 

『本当に本気なんですか??』と何度も聞く雪

 

『うん。本当だよ。大好きだから』とまた満面な笑みで応える翼

 

その笑顔に凄くドキドキする雪

 

『雪??』と笑顔で話す翼

 

『わたしなんて、、翼くんに合わないです』と席を立ち声が大きくなる雪

 

店員が近寄ってきて

『お客様、他のお客様にご迷惑がかかるので静かにお願いします』と注意をされる雪

 

余計に恥ずかしくなり

『すみませんでした』と頭を下げ顔を真っ赤にして席に着く雪

 

 

 

http://novel.blogmura.com/

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆11

『つり合わないか、、僕は君が好きなんだけど』とストレートに言い微笑む翼

 

『あっ、、まだ、会ったばかりですし、、きっと勘違いですよ』と恥ずかしそうに応える雪

 

『そうだよね、、でも、僕は本気だから、、』と微笑む翼

 

『あの、、、』と翼を見つめる

 

『よしっ、話はついたからデートしよう』と微笑む翼

 

『まだ、そんな、、』と困る雪

 

『さぁ、行こう〜』と強引に連れていく翼

 

そして、

取り敢えず2人で手を繋いで歩いていく

 

ドキドキしすぎて

どうしていいかやっぱりわからない雪

 

そんな緊張している雪を見て

『ゆき、、そんなに怖がらないでよ。僕は本気なのに』と寂しそうに応える翼

 

『ご、、ごめんなさい。やっぱり芸能人とこんなに近くいたことないから』と恥かしい雪

 

『そうだよね。ねぇ、僕のファンになった理由聞かせてよ』と微笑む翼

 

『ドラマ、、翼くんの出てるドラマがカッコよくて』とまた赤くなる雪

 

『なんか嬉しいなぁ〜。ありがとう。』と微笑む翼

 

『今日はご飯だけにしようか、、何食べたい??』とニコニコで聞く翼

 

『翼くんが好きなものでいいよ』と応える雪

 

『う〜ん。実はこのへんあんまりわからないんだよね』と困る翼

 

『あっ!そうだよね。じゃあ、私が美味しいお店教えるよ』と急に微笑んで話しだす雪

 

そんな雪を見てクスッと微笑み

『ありがとう。、、やっと笑ってくれた』と呟く翼

 

『つばさくん、、?』とハテナになる雪

 

『いや。なんでもないよ。』と微笑む翼

 

自然に話せるようになっているとは

雪はこの時まったく気づいていない、、、

 

地元の話を聞かれ

夢中で話しだす雪

 

笑顔になり

たくさん翼と話をしている雪

 

ある程度立ち

『雪、、よかったもう緊張してないみたいだね』と微笑む翼

 

『えっ!?あっ、、そうだね、、』と翼を見る雪

 

『よかった〜。でも、雪地元が好きなんだね』と雪を愛おしそうに見つめる翼

 

『あ、、そうなの。ねぇ、翼くん、、何で私なの、、、』と真剣に聞く雪

 

『あの時、、ピーンとなんかきたんだ。』と真剣に話す翼

 

『からかってるんじゃないの??』と不安そうに聞く雪

 

『ううん。僕は本気だよ。、、雪が気に入ったの』と見つめる翼

 

 

 

 

http://novel.blogmura.com/

 

こんな恋愛あったらいいなぁ〜☆10

『あっ、、ごめん。雪、、』と腕を外し声を掛ける翼

 

翼の声を聞き

顔が真っ赤になる雪

 

『雪ちゃん??』と見つめる翼

 

『あ、、あっ、、大丈夫です』と雪

 

『雪、、、もしかして熱ある??』と心配そうに見つめる翼

 

『えっ、、違います、、、あっ、、』

 

『もしかして、、緊張してるの??』

 

『緊張しない方が無理ですよ、、』と下を向く雪

 

『あっ、、ごめん。そうだよね。』と困る翼

 

『ごめんなさい。私、、慣れなくて、、、それに翼くん、、』と顔が赤くなる雪

 

そんな雪を見て

『雪って本当、、気に入ったよ。』とニコッと微笑む翼

 

『えっ??』とびっくりする雪

 

『雪お願いがあるんだけど、、』と顔を伺う翼

 

『何をですか??』とハテナになる

 

するといきなり手を繋いで

『今日は僕の彼女ね』とニコッと微笑む翼

 

『あ、、』と恥ずかしがる

 

『よしっ!行こう〜』と盛り上がる翼

 

そのまま手を繋ぎデートにいく

 

雪はもう何が何だかわからず

 

翼に連れて行かれる、、、

 

少し経ってから

 

『あのっ!、、翼くん!!』とやっとの思いで話す雪

 

『何??』と雪を見つめる翼

 

『あっ、、やっぱり、、無理です、、』と手を離そうとする雪

 

『あっ、、ごめん。そんなに嫌だった??』と寂しそうに聞く翼

 

その翼を見て

手を話すのをやめる雪

 

『雪は、、僕のこと嫌い??』と聞く翼

 

『ち、、違います、、、、。翼くんを嫌いな人はいないです。』とアタフタする雪

 

『なら、、ダメっ?』と子犬みたいに応える翼

 

そんな寂しそうに言われると

ダメと言えない雪

 

『だ、大丈夫だよ。』とつい微笑んでしまった雪

 

『そっかぁ〜。なら大丈夫だね』と微笑む翼

 

『あっ、、でも、デートとかは、、』と顔が赤くなる雪

 

『雪ちゃん、、?』と顔を見つめる翼

 

そして、

『やっぱり、、可愛い、、、』とボソッと呟く翼

 

『えっ??』とハテナになる

 

『僕こういうデートしたことないから、、一回してみたかったんだ』と微笑む翼

 

その笑顔にやられる雪

思わず翼をじっと見つめてしまった

 

 

すると

そっと翼の顔が近づいてきて

 

キスをする翼

 

その行動に

びっくりして口を押さえる雪

『ごめん。、、あまりにも可愛かったから、、』と微笑む翼

 

『つばさくん、、あの、、』と声を掛ける雪

 

『ごめん。、、僕のこと、、嫌だよね』と悪そうに応える翼

 

『いえ、、。凄くかっこいいです、、、』と爆発しそうになりながら応える雪

 

それを聞きクスッと微笑む翼

『ありがとう、、。それって、、僕の彼女になってもいいってこと?』といきなり聞く翼

 

『あっ、、それは、、、ダメですよ。私はただ翼くんのファンなので、、』とアタフタする雪

 

『わかった。、、じゃあ、今日のデートで僕と付き合うか決めてくれないかなぁ??』と真剣に話す翼

 

『そんなつばさくん、、、。私じゃ、お似合いじゃないです!!』とはっきり応える雪

 

それを見て爆笑する翼

『本当、まじめだね。』とずっと笑う翼

 

 

http://novel.blogmura.com/