yumemonogatari

いろんな恋愛のお話です☆短編から長編まであります^ - ^

クリスマスは彼と・・・22(完)

『うん。わかったよ・・・。』と頷く蓮

 

けど……

 

2年目も同じで

 

バレないように計画していたみたいで

 

クリスマスの1ヶ月前に

 

サプライズパーティーをしてくれた

 

この時は

蓮のお家で………

 

プレゼントは優奈が欲しかった鞄

 

この時はびっくりして泣いてしまった優奈

 

『本当優奈は可愛いよね。』と蓮が頭を撫で

 

そして

ラブラブにその日を過ごした………

 

朝起きると蓮が隣で寝ていて

それが本当に幸せで

 

ずっと蓮と一緒にいたくなるクリスマスになった………

 

そして

今回は3年目のクリスマス………

 


蓮は毎年人気が出ていて

今回はきっと無理だと思っていたのに

 

それなのに

『今年のクリスマスは一緒に入れそうだよ』と言ってくれた蓮

 

それが凄く凄く嬉しくて………

 

今が1番幸せな優奈………

 

キッチンに入り料理を作る

 

さっきの蓮の言葉を思い出し

なぜかにやけてくる優奈

 

するとそこへ

『優奈~。ねぇ。』と背後から抱きついてくる蓮

 

『蓮・・。どうしたの??//』と恥ずかしくなる優奈

 

『ううん。優奈・・。まだ・・。もう我慢できないんだけど』と蓮

 

『ごめん。もうすぐでできるからまっててすぐできるから』と焦る優奈

 

『いや・・。そういうことじゃなくて・・ねぇ。』

 

『う・・ん?蓮』と蓮の方を向くと

 

そのまま

キスをする蓮………

 

『れ・・ん。』ととろんとした目で蓮を見つめる優奈

 

『優奈・・。ごめん。もう待てない。』とそのまま優奈をお姫様抱っこする

 

『えっ!?待って。おろして』と暴れる優奈

 

『もう・・。無理なんだって・・』とベッドに連れて行き

 

そのまま

キスの嵐に会う優奈………

 

『優奈が可愛いからダメなんだよ・・』と優奈を見つめて呟き

 

また

キスを落とす蓮

 

『れ・・ん。・・私も無理かも』

 

『ごめん。もう離せれない・・』と真剣な顔をする蓮

 

『う・・ん。いいよ。・・離さないで』と蓮を見つめ

 

ラブラブな2人の時間がやってくる………

 

………

 

クリスマス当日………

 

『蓮。ごめん待った?』と慌てる優奈

 

『ううん。今来たところだから。じゃあ、行こっかぁ』と優奈の手を掴み微笑む蓮

 

 

そして

 

今までよりずっと甘い

2人のクリスマスイベントがはじまる………

 

 

 

(お・し・ま・い☆)

 

クリスマスは彼と・・・21

『蓮・・・。』

 

名前を呼んだ瞬間

もう涙が止まらなかった…………

 

そんな優奈を見て

 

もう一度キスをする蓮

 

さっきよりも甘いキス………

 

 

そこから何回もキスを落としてくる蓮

 

少し時間が経ち

 

『ごめん・・。僕がちゃんと説明しなかったから・・・。さっきも奏太に言われたのに』とため息をつく蓮

 

『違うよ。蓮は悪くない。私が勘違いしたの・・・。だけど・・』

 

だけど・・・

ずっと一緒にいて・・・って

 

言いたいのに

言葉がでない・・・

 

『優奈・・・。ごめん。僕・・・。優奈に謝らないと』と真剣に話す蓮

 

『何を・・・??』と恐る恐る聞く優奈

 

『最初は、優奈のこと・・・。いいなぁって思う程度だった・・・。けど、少しだけ一緒にいるだけで。優奈の虜になってた・・・。さっきもそうだった・・・。迷惑だとおもうかもしれないけど。もしよかったら。本当に僕と付き合ってくれませんか??』と真剣に話す蓮

 

その言葉を聞いて

びっくりとホッとしたので

 

また、涙が止まらなくなる優奈………

 


『優奈・・・。もう泣かないで。やっぱり迷惑だよな』と唇を少し噛む蓮

 

すると

優奈が蓮を抱きしめる………

 

『ゆ・・優奈??』とそのまま声をかける蓮

 

『ごめん。う・・うれしすぎて・・。ほ・・本当に私でいいの??』と蓮の顔を除く優奈

 

その言葉を聞き

『いいに決まってるだろう。僕が好きなのは・・・・。優奈だけだよ。・・・大好きだ。』と微笑み返す蓮

 

『私も・・。本当に大好きです』と泣きながら応える優奈

 

そして、

そっともう一度だきしめられる優奈………

 

『ゆうな・・。絶対離さないから。』とさっきよりギュッと抱きしめらる蓮

 

『うん・・。私も』と蓮の顔を見つめる優奈

 

蓮も

じっと見つめてきて………

 

 

自然にキスをする2人………

 


そして………時が経ち……

 

3年目のクリスマスを迎えようとしている

 

1年目と2年目は

蓮の仕事が忙しくてクリスマスには会えなかった

 

この時は

売れっ子だからしかたないよね・・・

 

と何度も言い聞かせていた………

 

けど、そんな優奈の気持ちに気付いたのか

 

クリスマス前に色んなイルミネーションやクリスマスの雰囲気があるところ、食事にプレゼントをたくさんくれた

 

1回目の時はそんなんが毎日続いてずっとびっくりしっぱなしだった………

 

2回目は1回目のことがあったから蓮に

『今回はサプライズなしで!』と伝えていた

 

 

クリスマスは彼と・・・20

『待った!!なんでそうなるんだよ!!』といきなりムキになる蓮

 

『だって、モテる男と付き合うと優奈ちゃん辛いでしょ??』と優奈を見て微笑む奏太

 

『あっ・・。えっと・・。あの・・』と戸惑う優奈

 

『優奈は俺のなの!』と奏太を睨む蓮

 

『はぁ~。イケメン君が台無し~。昔の蓮みたいだね』と笑う奏太

 

『奏太っ!!お前にだけは言われたくない!!』と2人して喧嘩が始まる

 

すると

『は~い。そこまで』と遠くから声が聞こえる

 

『げっ!』『あっ!』と2人同時にその人の方を見る

 

『その辺にしとかないと。せっかくのパーティーが台無しになるなぁ。はぁ~』とため息をつく

 

『だって親父!蓮が・・・と言おうとすると

 

『お前は・・・。また、蓮君に嫉妬して。蓮君すまん。また、迷惑かけたなぁ』と頭を下げる

 

『や・・やめて下さい。桂木さん。僕が悪いんですから・・・』と謝る蓮

 

『でもねぇ。蓮君には今日無理してきてもらったのに』と困りながら話す桂木さん

 

『親父。だから、あれだけ言っただろう?蓮はダメだって』と真剣な奏太

 

『そうだなぁ。でも、蓮君がもっと好きになった。』と微笑む桂木さん

 

『えっ??桂木さん』とハテナになる蓮

 

『この前言ってた。サポーターのお話。のることにするよ』と桂木さん

 

『本当・・本当ですか??』と嬉しそうな蓮

 

『あぁ。もっと君のことをみんなに知ってもらいたいからなぁ。よろしく頼むよ』と微笑む

 

『蓮!!よかったなぁ。これでお前の夢も叶うな』と微笑む奏太

 

『あぁ。本当にありがとうございます助かります。絶対期待に応えます』とお礼を言う蓮

 

そこから仕事の話をする為

別室に連れていかれ


少し話をし


パーティーは無事に終わった………

 

 

 

…………

 

『はぁ~。よかった。やっと前に行ける』と空を見つめ話す蓮

 

『蓮・・。私大丈夫だったの??』と蓮を見つめる

 

『うん!これも優奈のおかげだよ。・・ありがとう。』と抱きしめる蓮

 

『蓮が喜んでくれて嬉しい。・・じゃあ、私の役目おわり・・だよね。』と蓮の抱きしめていた腕を外し真剣な顔をする優奈

 

『あっ!・・優奈。そのことなんだけど』と優奈をじっと見つめる蓮

 

けど………

 

優奈はもう

 

蓮の顔が見れなくなっていた………

 

見てしまうと

涙がとまらなくなってしまうから………

 

『優奈??』

 

声をかけられるだけで

ドキドキする優奈

 

この空間から離れたくなる………

 

けど、一緒にいたい……

 

このまま離れるなんて

やっぱり絶対いや………

 

 

自分の気持ちと格闘している優奈

 

すると

 

ふいにキスを落としてきた蓮………

 

 

クリスマスは彼と・・・19

『蓮っ!!お前なぁ~。』とため息をつく奏太

 

『あぁ・・・。』と優奈の腰に手を回し奏太を見る蓮

 

『あぁ・・じゃねぇ~よ!!』と蓮に近寄る

 

そして、

蓮を殴ろうとする奏太

 

『えっ!きゃあっ!』と目を瞑る優奈

 

するとパチンと音がする

 

怯えながら

そっと目を開ける優奈

 

目を開けると

2人でハイタッチをしている………

 

えっ??

どういうこと・・・??

 

ハテナになる優奈

 

『ごめんごめん。優奈。実はこいつ俺の幼馴染なんだ』とニコッと笑う蓮

 

『えっ・・』とそのまま固まる優奈

 

魂が抜けたように

ぼっ~としている優奈

 

『あっ・・。優奈ちゃん??・・優奈ちゃん!!』と声を必死でかける奏太

 

それにハッとして

『お・・幼馴染ぃ?!』とかなりびっくりする優奈

 

『うん・・。ごめん。黙ってて。』と頭を下げる奏太

 

ホッとする優奈

 

『隠さないといけなくなったの。蓮のせいだからな。』と蓮を見て睨む奏太

 

『まぁまぁ。その辺にしといて下さい』と頭を下げる貴之

 

『こうなったのだって・・・。蓮が優奈ちゃんをいじめるからだろ?!』と文句を言う奏太

 

『あっ・・。ご・・ごめん。奏太。まさかお前と一緒いるとは思わなかったから』と頭を下げる

 

『はぁ~。・・本当に珍しいなぁ。お前が謝るなんて・・・。』と驚く奏太

 

『いや。お前には凄く迷惑かけたから・・・。』と深く頭を下げる蓮

 

『まぁ。いいよ。俺のせいといえば俺のせいだし。ほらっ。早く中行くぞ!じゃないと後で親父に怒られる』と慌てる奏太

 

そして、

急いで会場に戻る4人…………

 

 

中に入ると

仁王立ちしている女の人が立っていた

 

『ちょっと!!貴之!』と怒っている

 

『あっ・・・。ご・・ごめん。美希奈・・・』とたどたどしくなる貴之

 

『ほらっ!一緒に回るよ』と腕を組み貴之を連れて行く

 

『貴之!美希奈!!ありがとう』と慌てる蓮

 

美希奈と貴之が振り向き

ニコッと笑い

 

こっちを向き手を振り中に入って行く2人

 

『ほらっ!お前たちも早く仲直りしろよ!!』と蓮の背中を叩く奏太

 

『奏太!お前痛いって!!』と睨む蓮

 

『俺が優奈ちゃんと一緒にいなかったら、優奈ちゃんどうなってたかなぁ??』と蓮を冷たい目で見る奏太

 

『そ・・それは・・・。』と気まずそうな蓮

 

『それに・・。優奈ちゃん気に入ったから・・・』と微笑み優奈を見る奏太

 

それにドキッとする優奈………

 

クリスマスは彼と・・・18

その頃………

 

『はぁ・・。はぁ・・。優奈・・。ゆうな・・』と呼吸が乱れ下を向く蓮

 

『おぃ!蓮大丈夫かよ!!』と後ろから追いかけ慌てる貴之

 

『ゆう・・なが。俺のせいで・・・。はぁはぁ』とまだ呼吸が乱れている

 

あの後

 

蓮は優奈を追いかけ

会場から走って探していたのだ………

 

『おれ・・。なんであんなこと言ったんだろう。』

 

『蓮・・。それは仕方ないと思う・・。優奈ちゃん目立ってたから・・・。』

 

『だけど・・。俺みっともないよな。』とため息をつく蓮

 

『誰だって嫉妬はするから・・。蓮がそれだけ本気ってことだろ??』と蓮の背中を叩く貴之

 

『自分から頼んでおいたのになぁ。・・優奈にちゃんと説明しないと』と寂しそうに微笑む蓮

 

『蓮。大丈夫だよ。ほらっ!俺も手伝うから早く探そう』と蓮を顔をのぞき微笑む貴之

 

『そうだなぁ~。悪りぃ頼むわ。』とさっきより気合いを入れる蓮

 

…………

 

会場に近づく優奈………

 

さっきのことがあるせいか

足が重くなる………

 

『優奈ちゃん。大丈夫だよ』と優しく声をかける奏太

 

『うん・・・。』と頷き

 

会場に入ろうとする

 


すると………

 


『優奈っ!!』と大声で呼ばれ

 

声の呼ぶ方を振り向く優奈

 

その時

ギュッと抱きしめられる優奈

 

『蓮くん・・?』

 

でも、更にギュッと抱きしめられる

 

『蓮くん。痛いよ・・・。』

 

その声にハッとする蓮

『ご・・ごめん。俺・・・。』と優奈を見つめる

 

『もう。怒ってないの??』と恐る恐る聞く優奈

 

すると

またギュッと抱きしめられ

『怒ってなんかいないよ。俺のせいだから。ごめん。本当にごめん。』と抱きしめられる

 

『なら。よかった・・・。蓮くんごめんね。』

 

『優奈は悪くないから』と今度は優奈の顔を見つめて話す蓮

 

『うん・・。』と優奈も蓮を見つめて話す

 

2人で話している途中

蓮が奏太に気づく………

 

『優奈。あの人・・・。』と奏太を見る

 

『あっ!ごめんなさい。・・えっと、奏太さんです。さっき助けてもらって』と慌てる優奈

 

『奏太・・・。やっぱり・・・。』とホッとする蓮

 

『蓮??』とハテナになる優奈

 

優奈をそのまま見つめる蓮

 

『蓮っ!!』といきなり怒りだす奏太

 

それにもっとハテナが飛ぶ優奈………

 

クリスマスは彼と・・・17

『彼女って言いたいところだけど・・。まだかなぁ』とニコニコで応える

 

『へ~。今から落とすとこなんだ。・・えっと君!!絶対、奏太(そうた)には気をつけろよ!』と優奈を見て笑って忠告するオーナー

 

『あっ・・。はい!わかりました・・』と慌てる優奈

 

『おい。そんなこと言うと警戒するだろ!本当お前は』と睨む男の人

 

『わるい。わるい。じゃあ、奥へどうぞ~』と笑って応えるオーナー

 

案内された席に座る2人

 

『あの・・・。すみません。』

 

『いいよ。ちょうど飽き飽きしてたところだから』と微笑む奏太

 

『パーティーのことですか??』とハテナになる

 

『うん。今日は特に参加したくなかった・・・。けど、君を見たから。』

 

『えっ・・・??』とびっくりする優奈

 

『君を見て。この子だって思ったんだ』

 

『あの・・。言っている意味が・・・。』

 

クスッと笑う奏太

 

『えっ??』

 

『いや。なんでもないよ。あっ!そういえば、まだ名前聞いてないよね?』

 

『あっ!すみません。・・・私・・私の名前は優奈です!』と慌てる優奈

 

『僕の名前は、奏太です。・・今更だけど』と笑う

 

『奏太さんはなんであそこにいたんですか??』

 

『あっ・・えっと・・。それは・・。まだ秘密かなぁ』と笑う奏太

 

『そうなんですか・・・。』と落ち込む優奈

 

『あの。優奈ちゃん。・・どうして泣いてたの??』

 

その言葉にドキッとする優奈

 

『優奈ちゃん??』と優奈の顔を除く奏太

 

『あ・・えっと・・』とにごす優奈

 

『そっかぁ~。あんまり言いたくないよね。ならいいやぁ。』とニコッと微笑む奏太

 

『いいんですか??』と奏太の顔を見る優奈

 

『だって言いたくないんでしょ??・・誰だってそんな時はあるよ』とグラスを見ながら話す奏太

 

『そうですか・・。ありがとう』とボソッと呟く優奈

 

『本当素直で可愛い人だね。』と微笑む奏太

 

『えっ?そんな事ないです。奏太さん。・・あの・・・なんで助けてくれたんですか??』とじっと奏太を見つめる優奈

 

『・・あぁ・・・。なんとなくねぇ。ハハハッ』と変な笑い方をする奏太

 

『??』

 

『涙も止まったし。だいぶ落ち着いよね??・・そろそろ戻ろっかぁ。』と微笑む奏太

 

そうだった・・・

パーティー・・・

 

『そんな変な顔しないで。僕が側にいるから。』と微笑む奏太

 

その笑顔を見て

ホッとする優奈

 

奏太を見て

頷き

 

会場へ戻ることに………

 

クリスマスは彼と・・・16

優奈が座って泣いていると

『ねぇ。君・・大丈夫??』と声を掛けられる

 

その声の方を見る優奈

 

『あっ・・。君。さっき会場にいた』とびっくりした顔をした男の人が立っていた

 

『ほらっ。泣いてないで。もう大丈夫だから』と手を差し伸べ微笑む男の人

 

『あっ・・。すみません。』と彼の手を取り

その場で立つ

 

『その格好だと目立つから。これ・・貸してあげるよ』と微笑み自分の上着を羽織らせてくれる

 

『あっ、いえ。大丈夫です。』と上着を返そうとすると

 

『クスクス。大丈夫だから。・・よかったら。お茶でもしませんか?』と微笑む男の人

 

『でも、パーティー・・・。』と心配そうな優奈

 

『クスクス。大丈夫ですよ。今日は遅くまで開くと言っていたので。それに・・その顔でパーティーにでますか??』と微笑む男の人

 

『えっ・・。嫌です』とハンカチで顔を拭く

 

『なら少し付き合ってください。少し経ったらまた一緒に戻りましょう』と微笑む男の人

 

『はい・・・。なら少しだけ』と頷く優奈

 

『では、行きましょうか。近くにいいお店があるので。そこにしましょう』と満面な笑みで応える

 

2人で歩いてお店に向かう

 

すると

急に男の人の電話が鳴る………

 


『ごめん。電話出るね』と微笑み電話に出る

 

『もしもし。・・あぁ。わかった・・・。うん?そこはうまいこと穴埋めして』と電話を切る男の人

 

『あの・・やっぱり。大丈夫なんですか??』と心配そうにきく優奈

 

『うん。大丈夫ですよ。ほらっ。急ぎましょう』と手を引っ張られ連れて行かれる

 

『あ・・。あのっ!!』と慌てる優奈

 

『あっ・・・ごめんごめん。ここだよ』と微笑む男の人

 

『ここですか?・・なんかここって』と不思議な顔をする優奈

 

『だよね。ここ隠れ家みたいな喫茶店なんだ』と微笑む男の人

 

『そうなんですか・・・。』

 

『大丈夫。入ろう。どうぞ!!』と扉をあけてくれる

 

『はい。お邪魔します。』と頭を下げお店の中に入る優奈

 

お店の中に入ると

 

奥から

『すみません。まだ開店の時間じゃないんですより』と言いながらオーナーが出てくる

 

『あっ!すみません。』と困る優奈

 

『ひどいなぁ。今日は可愛い子連れてきたのに』と微笑むで話す男の人

 

『あっ・・。なんだお前か~。てっきりお客さんかと思ったよ』とため息をつくオーナー

 

『いや。どう見てもお客だろ?』と笑う男の人

 

『客ねぇ・・。まぁ。そうかなぁ。でそこの子は・・。お前の彼女??』