yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

デートって、、 (短編2)

今日は初めての遊園地デート

 

 

けど、

 

 

なぜか

 

 

2人じゃない、、、

 

 

『はぁ〜。』とついため息が止まらない私

 

 

でも、これでもデートだから

 

とお洒落をしてお出掛けする、、、

 

 

 

 

待ち合わせ場所に

 

30分も早く着く私、、、

 

 

鏡を眺めて

 

もう1度

 

自分の姿を確認する

 

 

(よしっと気合が入る私、、、)

 

そして、

 

彼がやってくる、、、

 

 

『ひろか。お待たせ〜』と笑顔で応える隆彦

 

 

この人が私の彼氏

 

 

いつもリーダー的な存在で

とってもかっこいい人

 

 

ちなみにひろかは私のこと

 

 

まだ付き合って

1ヶ月、、、

 

 

初めての2人でのデートだと思ってたのに

 

 

はすみのせいでそれが無理になった、、

 

 

じっとひろかを見つめる隆彦

 

『ひろか。今日は、、

と言い掛けた時

 

はすみと美月と悠太と流星が現れる

 

 

『おはよう〜。みんな遅いよ』と口を尖らせて怒っているひろか

 

『ごめんごめん。』と笑うみんな

 

『ひろか。今日可愛いね』とニコニコで話すはすみ

 

『そうかなぁ〜??、、ありがとう』と嬉しそうに応えるひろか

 

『じゃあ、行こう』と流星がニコニコでみんなに声を掛ける

 

 

そして、

遊園地へ向かう6人

 

 

 

だけど、

 

やっぱり2人にはなれない

ひろかと隆彦、、、

 

隆彦のところに

どうしても行きたいから

 

はすみたちと話をしながらチラチラと

隆彦の様子を見ているひろか

 

でも、

 

なぜかうまくいかない、、

 

 

結局2人になれない、、、

 

気づいたら

遊園地に来て

 

もう、だいぶ時間が経っていた、、、

 

 

『ひろか、今度あれに入ろうっ!』と目をキラキラさせて指を指すはすみ

 

 

はすみのせいでとさっきは言ったけど、、

 

はすみは

純粋で天然な女の子

 

悪気がなく

そこが可愛いい

 

はすみに何かを頼まれるとどうしても断れずOKをしてしまうひろか、、、

 

今回もそれで2人じゃないのだ、、、

 

自分のせいなので

もう諦めがつくひろか

 

『もう、、仕方ないなぁ〜』と笑って応えるひろか

 

『みんなも入ろう〜!!』とはしゃぐはすみ

 

『いいよ。じゃあ、入ろう』と4人が歩いて行く

 

ひろかも付いてこうとすると

 

 

いきなり

隆彦に手を掴まれ止められる、、、

 

『えっ??隆彦?!』とハテナになるひろか

 

『みんなで行く必要ないよ、、、』と応える隆彦

 

『でも、、みんな行っちゃうよ、、?』と隆彦を見る

 

『はぁ〜。ひろかって、、やっぱり、、』とひろかを見つめる隆彦

 

『えっ??何??』と全くわかっていないひろか

 

仕方がないので

 

隆彦はひろかと手を繋ぎ直し

 

『みんなごめん。ひろか調子が悪いみたいだから、みんなで行って!!』とみんなに声を掛ける隆彦

 

『えっ!!そうだったの?、、わかったよ。じゃあ、行ってくるね』と話すはすみ達

 

そのまま

楽しそうに4人でお化け屋敷に歩いて行った、、、

 

 

『あっ、、ちょっと、、』とみんなに声をかけようとするひろかだが

 

『ひろか、行くよ!』と手を引っ張られ

 

『あっ、、隆彦?』と余計にハテナがいっぱいになるひろか

 

隆彦をよく見ると

凄く照れながら手を繋いでいる、、、

 

そんな隆彦を見て

クスッと笑い

『隆彦〜』と顔を覗き込み微笑むひろか

 

『ひろかは、、』とため息をつく隆彦

 

『な、、に?』とまだ何もわかっていないひろか

 

『もう、、、俺は、///』と恥ずかしそうに話す隆彦

 

『う、、ん??』と隆彦の話を真剣に聞いているひろか

 

『だから、、ひろかと一緒にいたいんだよ///』と恥ずかしそうにやっと話す隆彦

 

『あっ、、そういう、、、ご、ごめんなさい、、きづかなくて///』と照れて下を向くひろか

 

『ひろかはいっつも気付かないから、、、今日だってめちゃ可愛い格好してくるし、、』とじっとひろかを見つめる隆彦

 

『えっ?!、、これ、、ダメだったの??』とびっくりするひろか

 

『ちが、、、他の男に見せたくなかった、、///』と横を向きながら恥ずかしそうに応える隆彦

 

『ご、ごめんね、、。せっかくのデートだったから///』とひろかも恥ずかしそうに応える

 

『今からでも2人でデートし直そう、、』とひろかを見つめる隆彦

 

 

『うん、、、///凄く嬉しい、、』と隆彦を見つめて満面の笑みで応えるひろか

 

『じゃあ、行こっかぁ〜』と横を向きながら照れながらひろかに手を出す隆彦

 

ひろみはすぐ

隆彦の手を取り

 

隆彦に引っ付く、、、

 

 

隆彦は照れながら

 

ひろかを見つめ

優しく微笑む

 

ひろかも凄く嬉しくて隆彦に微笑み

 

仲良く

2人で遊園地を回る、、、

 

 

やっと2人になれて嬉しいひろかと隆彦

 

 

そこから

 

遊園地デートを仕切り直し

 

 

 

楽しい2人の時間がやってくる、、、

 

 

(お、し、ま、い❤︎)

 

http://novel.blogmura.com/