yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

初デートの帰り.5

2人は、付き合うことになった、、、

 

水族館の帰り道

 

 

 

まだ信じられないきっか

 

ミンの横顔をじっ〜と見ている

 

 

ミンがきっかを見て微笑み

 

いきなりキスをする

 

 

きっかは口に手を当ててびっくりしてミンを見る

 

そしていつもは澄ましているミンも『だいすき』と日本語で恥ずかしそうに言う

 

そして、韓国語で何かぼそぼそ言って戯けている

 

そんなミンを見てきっかはクスッと笑う

 

 

 

いつもは堂々としてるのにきっかの事になると必死になるミン

 

そこへ

 

 

マネージャーが走ってくる

 

 

 

 

ミンはきっかと繋いだ手を後ろに隠す

 

『どおした?』と韓国語で言うミン

 

 

『遅かったから心配で』と韓国語で2人で話している

 

きっかは言葉がわからないので、2人の会話を心配しながら聞いている

 

ミンはマネージャーに向かっていきなり『彼女になったんだ』と笑顔で話す

 

そのことを聞いてびっくりするマネージャー

 

ミンがきっかを見てニコッと笑う

 

マネージャーは、きっかに近づき肩をぽんぽん叩き『がんばれ!!』と日本語で言う

 

 

きっかは、その言葉に不思議になる

 

 

ミンは『余計なこと言うなよっ!!』と韓国語でマネージャーに伝えている

 

マネージャーは、きっかに笑いながら

『後で話があるから私の部屋にきてほしい』と日本語で頼む

 

 

ミンは、日本語があまりわからないので不思議な顔をして話を聞いている

 

 

マネージャーは、ミンに明日は大事な仕事があるからもう部屋に行くように伝えている

 

 

ミンは仕方なくきっかの手を離しホテルの部屋に戻る事に

 

 

きっかのほうを見てニコッと微笑み手を振りホテルへ

 

 

きっかも手を振ってミンを見送る

 

ミンがエレベーターに乗るのを最後まで見届ける

 

 

 

そのあと

 

きっかは、マネージャーについて部屋に行くことに

 

部屋に入りマネージャーとミンの話をする

 

 

きっかは、きついことを言われるだろうと思い下を向いて溜息をつき覚悟する

 

 

しかし、

 

 

 

『ミンがしつこくてほんとごめんよ。びっくりしたよね。ミンに聞いたけど本当にミンと付き合ってよかったの?』と日本語できっかに聞く

 

それをきいたきっかは拍子抜けし、びっくりする(日本語をスラスラ話している事にもびっくり)

 

 

 

韓国でも芸能人が一般の人と恋愛するのは普通のことらしい

 

 

実は、きっかは付き合うと決めたけど、

芸能人の人なので本当に付き合えるのか心配でたまらなかったのだ

 

きっかはマネージャーの話を聞いてホッとする、、、

 

 

きっかのホッとする顔を見て『ミンに付き合ってくれてありがとう。』と頭を下げられる

 

きっかは、『いえこちらこそありがとうございます。』と深々と頭を下げお礼を言う

 

 

『ミンのことよろしく頼むよ。』と手を握り笑顔で頼まれる

 

 

 

その時、

 

ミンがたまたまマネージャーに用事があり部屋にやってくる

 

何も知らず扉を開けるミン

 

 

 

 

 

2人が手を握ってる、、、

 

 

 

扉の開く音がしたのでそちらに目を向けるマネージャーときっか

 

マネージャーがミンと目が合い思わず『あっ!!』と大きな声で言うと

 

 

 

ミンは急いできっかの手を掴み

強引に自分の部屋に連れて行く

 

 

そして、きっかを抱きしめる

 

 

ミンに誤解だときっかが言おうと腕をほどこうとする

 

 

が余計にきつく抱きしめられ離してくれない

 

ミンに『大丈夫だから』と背中を摩り言うと

 

ミンはやっと冷静になり

離してくれた

 

 

ミンの顔を見ると寂しそうな顔をしていた

 

 

 

 

きっかは、ごめんねとミンを抱きしめて事情を説明する

 

マネージャーが恐る恐るミンの部屋に入ってくる

 

 

申し訳なさそうに『ごめん』 と謝るマネージャー

 

わかっているけど、何故か哀しくなるミン

仕方がないので、ミンの部屋で話の続きを聞くことになった

 

 

ミンはきっかの手を絶対離さない、、、

 

 

 

深呼吸してマネージャーが話の続きをする

 

きっかにミンの仕事を細かく教えるため

(きっかは元々芸能関係に疎いのでミンの俳優、モデルの仕事が全くわかっていない)

 

真剣な表情でマネージャーの話を聞くきっか

 

ミンは日本語で2人が会話しているので全く内容がわからない

 

少し拗ねてきっかにちょっかいをかけている

 

きっかはミンの方を見ず繋いだ手をぎゅっと握り返し真剣に話を聞いている

 

 

マネージャーの話を最後まで聞き終え理解するきっか

 

 

その後、ミンの方を見てニコッと微笑む

 

そんなきっかの様子を見て安心できる子だとマネージャーはホッとする(この子ならきっと大丈夫)

 

 

マネージャーは、今度はミンの顔を見て話をする

 

ミンはさっきまでと違って真剣な表情で話をしている

 

 

 

話し終えるとマネージャーは部屋からさっさと出て行く

 

 

 

 

 

きっかとミンは部屋で2人になった、、、

 

 

会話もなくシーンとした部屋

 

 


その中きっかが先に口を開く

 

『えっと、、、今日は、帰るね。』とミンの仕事のことを考え笑顔で帰ろうとする

 

 

 

 

 

けど、

 

 

 

ミンはきっかに『いっしょにいよう』と寂しそうに言ってくる

 

ミンにそんな風に言われると離れられないきっか、、、

 

 

 

心では噂になったら困るからとか、今日は帰ったほうがと言いたいきっかだが

 

 

 

やっぱり

離れられない、、、

 

 

 

 

 

『いっしょにいてもいいのかなぁ?』とミンに上目使いで聞く

 

ミンはそんなきっかを見て可愛くて抱きしめる

 

 

 

結局、ミンと一緒にいることになったきっか、、、