yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

昔の話.30


服を着替え化粧をして

 

いざっ!!お出掛けへ

 

ミンは、いつもと違う眼鏡をかけ、かつらをかぶりいつも以上に変装している

 

そこへピンポンとチャイムが鳴る、、、

 

インターフォンを覗くとシンとかすみが立っていた

 

急いで扉を開けるきっか

『どうしたの?』と慌てて聞く

 

ミンも出てきて

『これ』とシンが小さい袋を渡す

 

『ありがとう』と隠す様に貰うミン

 

きっかは不思議に思う

 

(実はこの時、ジョンからのライブチケットを貰ったのだ)

 

ミンはシンにこっそり近寄り『この日は、仕事入れないで』と小さい声で頼む

 

『わかったよ。飛行機も手配するね』とこそこそ話しをする

 

『頼むよ。』と頷くミン


何もなかったかのように
きっかの方を振り向き

『きっかちゃんとミン今からどっか出掛けるの?』と笑って応えるシン

 

『えっと、服を買いたくて、、いきなりこっちにきたから、、、あっ!!かすみとシンくんも一緒に行かない?』と笑顔で聞くきっか

 

ミンに悪いと思い断ろうとシンが話そうとすると


『一緒に行きたい。昨日あんまり買い物できなかったから。、、、』とすぐ応えるかすみ

 

シンとミンも『わかったよ。』と同時に応える

 

『2人とも本当に仲いいよね。兄弟みたい』とクスッと笑うかすみ

 

『どこが、、?俺と全然違うよ。ミンはわがままだし。』と嫌そうに言うシン

 

『お前そんな風に思ってたのか、じゃあ、もう僕につかなくていいよ。それに、シンにも好き勝手やらせてるだろう?』と上から目線で言うミン

 

 

『なんだと』と小突こうとするシン

 

『やるのか?』とミンが手を構える


2人がじゃれ合ってるのを見て
きっかとかすみが笑う

 

そして、

4人でショッピングへ

 

昨日とは違う大きいショッピングモール

 

いろんなお店を見て回る4人

 

可愛い雑貨屋さんを見つけそこに入ることに

 

細々してていろんな雑貨が置いてある

 

きっかがミンの写真をスマホでこっそり撮る

 

それに気づき変顔をしたり

 

ポーズを決めたりするミン

 

 

ミンも同じ様にきっかの動画を撮ったり

 

写真を撮ったりする

 

まるでプロモーションビデオを撮ってるみたい、、、

 

一緒に商品を見てポーズをきめたり、顔を見合わせ笑ったり本当幸せそうな2人

 

そんな2人を見守り一緒に買い物を楽しむシンとかすみ

 

きっかとミンがシンとかすみの写真も撮ってあげる

 

みんなそれぞれが楽しんでいる

 

『ミン!これお揃いの買おう』とニコニコでマグカップを見せるきっか

 

『いいよ。早く一緒に住んで色んなもの揃えなくちゃね』と優しく微笑むミン

 

『うん。もしかして今住んでるところに私も住むの?』とニコニコで聞くきっか

 

『いや。結婚したら住む場所も変える予定だよ』と微笑みながら応えるミン

 

 

『そうなんだ。本当いろいろ楽しみ〜』とニコニコではしゃいでいるきっか

 


その時、、、

『本当嬉しそう。前付き合ってた彼の時はよく泣いてたから、今回は本当よかったよ、、、』とかすみが嬉しそうに呟く


その言葉を聞き
かすみを見返すミン


『えっ??なんできっかは泣いてたの??』と気になりかすみにすぐ声を掛けるミン

 

『ごめんなさい。なんでもないよ』と笑ってごまかすかすみ

 

シンもそれを見ている

 

ミンがまたその話を聞こうとすると

 

シンが『ほらっ、今度はあっちのお店にいこう』とミンを誘う

 

『ミン。誰だって過去を言いたくないことあるよ。』とミンにシンが伝える

 

『わかっているけど、、、』と不安になるミン

 

きっかはいろんな物を見て楽しんでいる

 

『ミンこれは?』と満面の笑みで振り向くきっか

 

『あぁ、いいと思うよ。』と心無い返事をするミン

 

何かいつもと違う違和感を感じるきっか

だが、楽しさのあまり気のせいだと思いまた、色んなものを物色する

 

 

ミンはかすみが呟いたことが気になって仕方がない、、、

 

 

かすみがシンに『私余計なこといっちゃったね。どうしよう』と困った顔をする

 

『大丈夫だよ。過去のことだし、今はその人と関わってないんでしょ?』とさらっと言うシン

 

『その事なんだけど、実は、、、今もきっかは彼に会ってるよ。』とバツが悪そうに言うかすみ

 

『えっ?!ミンがいるのに?』と怖い顔をして聞くシン

 

『変な意味はないんだけど、きっかの元彼は、、、』と言おうとする

 


そこへ

きっかがかすみの腕をいきなり掴む

 

びっくりして『どうしたの?』と慌てて聞くかすみ


かすみの凄い慌てぶりに
不思議に思うきっかだが

『かすみとシンくんにプレゼントをしたくて』と微笑むきっか

 

『もう、気をつかわなくていいよ。きっか〜』と笑って返すかすみ

 

『だって、いつもお世話になってるし。迷惑ばかりかけてるから、お詫びだよ』と微笑む

 

『そっか〜。何がいいかなぁ?』と悩むかすみ

 

『シンと考えるからまた決まったら言うね』と微笑むかすみ

 

『うん。、、、ミンのところに行ってくるね。早く選んでね。』と嬉しそうにミンのところに行くきっか

 

ミンと手を繋ぎニコニコでまた買い物を続ける

 


かすみはシンのことをもう1度見つめ

『さっきの話の続きなんだけど、、、きっかの元彼は、バンド仲間なの。』と真剣な顔をして言うかすみ

 

『えっ?て事は、仕事仲間??』と不思議思うシン

 

『そうなんだよね。恋愛感情はたぶんないと思う。けど、一回付き合ったこともあってか、お互いを助け合ってやってる感じが私はして、、、』と正直に話すかすみ

 

『ミンには黙っていた方がいいかもしれないなぁ〜。』と困るシン

 

『私が余計なこと言っちゃったから』と反省するかすみ


シンを見つめ
『ミン君に聞かれたらどうしたらいいかなぁ?』と困るかすみ

 

『きっかちゃん本人から聞いた方が1番いいと思うからそうやって伝えよう』と微笑むシン

 

『うん。わかった。』と頷き微笑むかすみ

 

きっかはミンとラブラブで買い物をする

 

ミンが『ちょっと休憩しようか。』と微笑んできっかに言う

 

『うん。いいよ。』とベンチに座る2人

 

かすみ達もそこにきて休憩する

 

きっかが『私、飲み物買ってくるね。』と売店に走って行く
シンもきっかについて行く

 

かすみと2人きりになったミン

 

ミンが『さっきの話なんだけど、、、』とやっぱり話を聞いてくる


ミンを見て

『私から言うよりきっかから聞いた方が1番いいかと、、、』と真剣に応えるかすみ

 

『やっぱりそうだよね。聞いてみるよ。ごめん。ありがとうかすみちゃん』と笑って応えるミン

 

でも、少し寂しそう、、、


その姿を見て
『ミン君。、、、これだけは信じてあげて。きっかはミン君のこと凄く大好きだから、それに今が1番幸せだと思う』ときっかの思いを真剣に伝えるかすみ

 

『ありがとう。』と微笑むミン

 

シンと戻ってきたきっか

 

ミンに飲み物を渡す

 

『きっか』と愛おしく声を掛けるミン

 

やっぱり何かいつもと違うことに気づくきっか

 

かすみが『私たち2人でお店を見たいからここからは別々で回ろう。時間だけ決めて集合にしよう。』と話を出す

 

『わかった。いいよ。じゃあ17時に1番初めに入った雑貨屋さんの前に集合で』とミンも話しを出す

 

 

2組は、別々で行動することになった、、、