yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

おたんじょうび❤︎ (前編)

涼と付き合って半年、、、

 

 

初めての誕生日がやってきた

 

 

と言っても

 

 

特に何かする事は全くないけど、、、

 

 

ただ昨日メールがきて

 

 

『明日ご飯食べに行こう^_^』とメールが来た

 

 

それだけでも凄く嬉しくなるひろか

 

 

期待とかするわけじゃないけど

 

 

なんかそれだけでもテンションが上がるひろか

 

 

なので

 

 

今日は凄くうきうきで家を出る

 

 

けど、、

 

 

家を出た瞬間

 

 

携帯に電話がかかってくる、、、

 

 

『ごめん、、。ひろか。今日は1人で学校に行って!』と涼から電話がかかってきたのだ

 

 

ひろかは

『うん。わかったよ、、、』と言って電話を切ったものの

 

 

少し寂しい、、、

 

 

でも、

帰りの約束があるからと思い

 

 

ニコニコで学校に向かうひろか

 

 

 

学校に着き

いつも通り授業を受け

 

放課後に、、、

 

『ひろか、誕生日おめでとう』とニコニコでおめでとうを言ってくれる幸子

 

 

『ありがとう〜。』と微笑むひろか

 

『そういえば、、さっき涼くんに会ったよ』と幸子

 

『そうなんだね。クラスが違うとやっぱりなかなか会えないよね、、、』とため息をつくひろか

 

そんなひろかを見て

クスッと笑う幸子

 

『ひろかは本当、涼くんのこと大好きなんだね』と微笑む

 

『えっ、、、そんなことないよ。普通だよ。普通』と焦るひろか

 

 

『そんなこと言って。顔に大好きですって書いてあるよ』と微笑む幸子

 

は〜っとため息をつくひろか

 

『あれっ?、、、ひろか誕生日なのに暗いなぁ〜。どうしたの??』と不思議に思う幸子

 

『ううん。なんでもないよ。』と微笑むひろか

 

 

『まぁ、、、でも、、今日はいいことあるかもよ』と笑う幸子

 

『えっ?!何??』とはてなになるひろか

 

『さぁ、、。なんとなく、、ね。』と微笑んでいる幸子

 

『変なの〜、、、?』とはてながたくさんとぶひろか

 

 

幸子と話をしていると

 

『あっ、、、噂をしてたら、、ほらっきたきた。あんたの旦那がきたよ』と笑う幸子

 

『さちこ、、その呼び方やめてって毎回いってるでしょっ!!』と顔が赤くなるひろか

 

『ほらっ、早くいってらっしゃい〜。、、、またね〜』とニコニコで手を振る幸子

 

『もう、、、でも、ありがとう。じゃあね〜』とひろかはニコニコで手を振って教室から出て行く

 

 

http://novel.blogmura.com/