yumemonogatari

初めて書くお話です^_^

youth 寂しくなる.22

食堂でご飯を食べるひろみ

 

そこに花音が走って飛んでくる

 

『ひろみ〜。』と泣いてる花音

 

『あっ!!花音、、ごめん。、、ハハハっ』と花音のことを忘れていたひろみ

 

 

『私のこと忘れてたでしょ??』と呆れる花音

 

『あっ、、いや、、そんなことないよ』と真剣に頷くひろみ

 

 

『私だっていなくて心配したんだよ、、、』と泣きながら話す花音

 

『ごめん、まさかこんなに心配してくれるとは思ってなかったから、、、ごめんね。』と微笑み抱きしめるひろみ

 

 

『どうなったか、ちゃんと説明してよ』とまだ泣いている花音

 

話をしようとした時

 

花音を背後から抱きしめる、、、男の人

 

 

『ほらっ、ひろみちゃん虐めるのそのへんにしてあげなよ。花音』と花音を抱きしめながら微笑む結

 

 

びっくりするひろみ

思わず指をさしてしまい

 

『えっ!?いつから??』と目を丸くするひろみ

 

『あっ、違うの、、、本当に心配してたんだから』と焦る花音

 

 

『へ〜。私がいない間に、、、結君とね、、』と呆れるひろみ

 

『違うってば、いなくなったのが心配で、、、その結君に相談したら、、あっ、、、ごめんなさい』と謝る花音

 

『所詮女友達よね〜〜。』とため息をついているひろみ

 

 

 

すると

 

腕がスッと伸びてきてひろみを背後から抱き締める

 

『ひろみ。その辺にしてあげなよ。元はと言えばひらみがいなくなったせいでしょ?』と準がひろみの顔を覗き込み応える

 

 

『そうだけど、、、準、、もしかして2人のこと知ってたの??』と準に聞く

 

『知ってるも何も、、』

 

『そっかぁ〜。わかった、、、』といきなり準の腕を外す

 

『ひろみ??どうしたの??』と困った顔をする準

 

『ごめん。私今日はもう帰るね、、、』と後ろ向きに手を振って走って食堂から出て行く

 

 

何故かわからないけど

 

 

凄く寂しくなるひろみ

 

とりあえず

 

 

3人がいないところに走って行く

 

 

みんなから離れてから

 

涙が自然にでてくるひろみ

 

『私何やってるんだろう、、、』としゃがみ込み泣く

 

 

そこへ

 

『ひろみ先輩??どうしたんですか??』と優しく声を掛けてくる男の人

 

 

聞いたことのある声だと気づき顔を上げるひろみ

 

その男の人と目が合う、、、

 

 

http://novel.blogmura.com/